NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


劇的“1点差”… Our first home win!!
「凄く良い気分だ…“気持ちの拠所”というようなもののお陰で、うちは初めて“ホーム”で勝ったんだ!!来週の火曜日には本番のシーズンだ…プレシーズンを通して、ここで勝っていないままというのは、一寸あんまりだ…だから本当に良かったよ!!」とは、ホーネッツのベテラン、PJブラウンが試合後に語った感想である…

10月27日…ホーネッツはオクラホマシティにヒューストンを迎えてプレシーズンの試合を行った。15,063人のファンがフォードセンターに集い、新たにやって来た“ホームチーム”の戦いに、惜しみの無い声援を贈った…

第1クォータのホーネッツは31対19と溝を開けられ、声援に応えられずに終始してしまったが、第2クォータでは16対14と僅差に踏み止まり、後半に望みを繋いだ…

後半…第3クォータは23対39と、ホーネッツはヒューストンを圧倒した…この時点で70対72とホーネッツは僅かに先行した!!勝負は第4クォータに持ち越された…

第4クォータは互いに必死に護りながら必死に攻めるという様相で推移した。残り1分12秒でスピーディー・クラクストンが2本のフリースローを決めた時点で、86対87とホーネッツは1点のリードを奪った!!が、「どんどん得点を重ねる」のがバスケットボールである…12秒後、ヒューストンのヘッドがシュートを入れ、形勢は88対87と逆転した…

バスケットボールのシュートは「2得点または3得点」である…ヒューストンは「あと1本」でリードを固めようとし、ホーネッツは「あと1本」での逆転を狙った…「あと1本」を巡る激しい競り合いの中、ヒューストンのウェズレイがホーネッツの望みを絶つべく3点シュートを試みた…ウェズレイが放ったボールはリングに嫌われ、ホーネッツのラズエル・バトラーがリバウンドを掴んだ…

リバウンドを掴んだバトラーは、ポイントガードを務めていたクラクストンにボールを渡した。クラクストンは勢い良く駆け、ゴールを目指した。ホーネッツとオクラホマシティの15,063人の想いを込めた「あと1本」が放たれた…ボールはゴールに入らなかった…が、リバウンドを狙って、ゴール下に陣取っていたいたPJブラウンが、零れたボールをリングに巧く押し込んだ!!残り4秒で「あと1本」の2点がホーネッツに加わり、88対89と逆転に成功した!!

ここでタイムアウトがあり、ヒューストンのヘッドが「あと1本」を狙ったが、ボールはゴールに入らず、ホーネッツがリバウンドを掴んでそのまま試合は終了…オクラホマシティでの“初勝利”!!歓喜の声に沸き上がった!!

「あと1本」を決めたブラウンは「私よりもスピーディー(クラクストン)の功績だ…スピーディーは巧く向こうの守備を崩した…止めに行ったり、シュートのブロックを目論んだ…そこで私は“オープン”になっていたんだ…」と振り返る…

ホーネッツの各選手だが、各々に活躍した。JRスミスは18得点+5アシスト、クラクストンは14得点+7アシスト、ウェストが13得点、ナックバーが17得点+3アシスト、PJブラウンが13得点…先発陣は全員二桁得点である。「皆の力で競り勝った」図式である!!

バイロン・スコットヘッドコーチは「どんな型であれ、“勝利”は若いチームにとっては良いことだ。今、非常に大切なのは、一旦“ダウン”を喰らってしまっても、また立ち直ることが出来るという“実例”を重ねていくことのように想う…うちは(プレシーズンの各試合で)何度も“ダウン”を喰らってしまったが、それでも何とかしようとしてきた…うちには“戦い続ける”という“ハート”のある選手が揃っている!!」と語っている。

“戦い続ける”という“ハート”…間もなく始まるシーズンへの鍵だ…羽ばたけ!!ホーネッツ!!
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

私のブログにトラックバックしてくださって感謝です。
クラクストンも活躍されたのですね。彼は身長180センチのガードでしたね。
マグロワが抜けて、PJがセンターに入りましたので、PFの先発争いが面白くなりました。
ロケッツ戦で活躍したウェストや、ランペあたりで争われそうです。
ロケッツのウェズリーといえば、元ホーネッツでもありますね。
【2005/10/29 15:57】 URL | スラム #Spj6QS9w[ 編集]


>スラムさん

コメントありがとうございます!!
ヒューストンのウェズリーはホーネッツ戦で意外に不調だったようですね…
PJブラウンはセンターになりましたね…どういう具合になっていくのか、要注目だと思います。
クラクストン!!ウォリアーズで活躍していました!!超有望新人ポールも注目ですが、同じポジションの彼もなかなか巧い選手ですよ!!
【2005/10/29 20:15】 URL | wakkamai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

田臥のプレシーズン最終戦

今日のプレシーズンゲームは、7試合が行われました。特に注目の3試合は、ピストンズ×マーベリックス、シクサーズ×スパーズ、ソニックス×クリッパーズです。クリッパーズのプレシーズン最終戦のこの日、田臥選手は18分出場しました。フィールドゴール3本成功して.... スラムのNBAトーク【2005/10/29 15:48】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。