NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Jamaal Magloire=Desmond Mason, a 2006 first round draft pick and cash...
トレードである…現地10月26日、ホーネッツとミルウォーキーの間でトレードが成立した…

⇒ホーネッツ側の発表(英語)
⇒ミルウォーキー側の発表(英語)

ホーネッツを去り、ミルウォーキーへ移ることになったのは、ジャマール・マグローアだ…出身地でもあるトロントへの移籍という噂が無いこともなかったのだが、今回、ミルウォーキーへ移ることが決定した。オクラホマシティのフォードセンターで、バイロン・スコットヘッドコーチと抱擁を交わし、関係者に挨拶をしながら、特段のコメントも残さず、静かに去って行ったと伝えられる…昨シーズンのマグローアは、指の骨折により、シーズンの後半を悉く欠場する羽目に陥り、今季は「復活!!」に期待が寄せられていた…オールスター出場経験も有するセンターである!!プレシーズンでも、なかなかに存在感を誇示していたが、ミルウォーキーでは庁有望新人のアンドリュー・ボガットと組むか、彼のポジションで登場するかということになるであろう…活躍を祈ろう…

ホーネッツがミルウォーキーから迎えることになったのは…デズモンド・メイソンである。ガードやフォワードの各ポジションをこなす選手である。2000-01シーズンにシアトルでデビューし、そのシーズンのオールスター期間中に催されたダンクコンテストで優勝したことがある…2003年2月にトレードでミルウォーキーに移籍した…395試合に出場し、176試合で先発、平均出場時間は30.7分、平均12.9得点+4.5リバウンドである。1977年10月11日生まれの28歳で、196センチメートル、100.7キロ…出身大学はオクラホマ州立大学だ!!

メイソンを加え、マグローアが去るホーネッツ…

クリス・ポールにJRスミスというガードコンビとメイソンとの相性は良いであろうと予想される…ナックバーやバトラーと言った各選手とのチーム内での競り合いが激しいものになってくるであろう…マグローアが去ったことで、昨シーズンの欠場中にセンターを努めたPJブラウンが、そのポジションに入る可能性が高い…

メイソン獲得に関して、ホーネッツのジェフ・ボウアーゼネラルマネージャーは「守備面での“止め役”であり、斬り込んで攻める際の“点取り役”でもあるデズモンド(メイソン)を迎えた…加えて“一巡指名権”も得たことで、将来のチームづくりへの備えも出来た…」と大変満足である旨を表明している。

バイロン・スコットヘッドコーチは「昨シーズンは、デズモンド(メイソン)にとって“ブレイク!!”の1年だったと思う…彼がうちでの試合を通じて、更に伸びてくれるのが楽しみだ!!技術も運動能力の、うちが目指す攻撃スタイルに合うことは間違いない。コートに出るのが楽しみだ。先ずはうちのシステムに慣れてもらうんだ…」と大変な期待をしていることを語る…

プレシーズンの試合も残りが少ない…メイソンがどういう具合か…楽しみにしよう!!
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
寝耳に水なトレードでしたが…
私のブログにコメントとトラックバック、ありがとうございます。
このトレードには驚きました。ポール、JR、メイソンのトリオは面白そうです。
メイソンといえば、バスケ雑誌の記事で「絵を描くことが好き」だと書かれていました。
これは、意外な一面です。あと、メイソンとマグロワは同期(2000年ドラフト組)でもあります。
【2005/10/28 21:04】 URL | スラム #Spj6QS9w[ 編集]

不意に…
>スラムさん

コメント&TBに感謝です!!

急なトレード…何時も発表される段階では急な感じがするものですが…共に“00年組”の2人なんですね!!活躍に期待しましょう!!

メイソンですが、確かオクラホマ州立大学では芸術系統の専攻だった筈ですよ!!「ダンクする芸術家」ですか…
【2005/10/28 22:34】 URL | wakkamai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

開幕直前にマグロワ移籍!

1.マグロアとメイソンがトレード デズモンド・メイソンと2006年ドラフト1巡目指名権を交換で、ホーネッツから ジャマール・マグロワを獲得しました。バックスのセンターにボガットがいるので どんな使い方をするか注目です。ホーネッツのインサイドが心配になっ.... スラムのNBAトーク【2005/10/28 21:02】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。