NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3点が…
お恥ずかしい話しだが、早合点してしまった…「ホーネッツのホームゲーム」と聞き、「“暫定ホーム”に初登場!!」と思っていたが、それは23日の話しだった…10月18日の対アトランタ戦は、アーカンソー州リトルロックのオールテル・アリーナ(ALLTEL Arena)で開催された…“暫定ホーム”の様子に好奇心が沸き、「どんな具合?」と興味津々で気持ちが逸ってしまった…

フロリダ州タンパでの試合を終えたホーネッツの面々はアーカンソー州リトルロックで試合に臨んだ。白地に“NEW ORLEANS”ではなく“HORNETS”と記された、今季の新ユニフォームが初めて登場した!!(未だこれのレプリカなどは売っていない?)対するアトランタは燃える赤のアウェイ用を着て登場である…昨シーズンの29位が30位―下から2番目と最下位…―と対戦…今ひとつ注目度は低かったかもしれない試合である…どちらも“再建”へ向けて“期するもの”があるチームだ!!

アトランタに関しては、先日の「コリアー急死」という事態の記憶も生々しい中での試合で、「俺達はおまえの分も…」と天国の仲間に奮戦ぶりを見せたかったかもしれない…コリアーの他界後、2試合目ということになる…まだまだ、身近な仲間の急逝を受け入れ難い中なのかもしれない…アトランタの選手達は、ロッカールームにコリアーのユニフォームを飾って、彼の冥福を祈りながら、健闘を誓ったという…そして試合前の会場では、黙祷も奉げられた…

こうした中で試合は始まったが、珍しい事態が起こった…ケンタッキー州ルイヴィルでの開催予定をリトルロックに換えたという、準備時間の不足もあったようだが、得点の電光掲示が巧く作動しなかったのだ…得点が加わる都度、場内アナウンスで観客に伝えられるという状況となった…集まったファンも4,290人と、NBAの試合としてはかなり少ない水準となってしまった…

第1クォータは27対20…第2クォータは29対23…何れもアトランタが先行した。56対43と、少し大きな13点差を奪ったアトランタの前半のシュート成功率は5割6分と凄い水準だった…第3クォータ21対24とホーネッツが先行し、その勢いで第4クォータはかなり差を縮め、20対27と7点のリードを奪ったものの、「最後の1本」が決められず、結局97対94でアトランタが逃げ切ってしまった…アルヴィダス・マチヤウスカスの最後の3点シュートが決まらなかった…

前半だけでも、アトランタは凄いシュート決定率だったが、最後までこれが崩れることはなかった。試合終了時を見ると、「71本中41本」と5割7分7厘である…「5割を超す」ということは、「外したシュートの方が少ない」ということで、これは「試合全体を通じて」では意外に難しいかもしれない…ホーネッツは「71本中34本」と4割7分9厘だった。これはよく見受けられる水準で、悪くはない。しかし、両チームの放ったシュート数が同じなので、“決定率の分”で敗れてしまった感も否めない…フリースローについては、アトランタが「12本中9本」の7割5分、ホーネッツは「22本中18本」の8割1分8厘だった…フリースローをもらった本数はホーネッツが10本も多い…フリースローでの得点は9点多い…これは後半にホーネッツが奪った11点のリードにほぼ相当する…結局、前半に許した失点を取り返せなかった訳だ…

ホーネッツの面々ではJRスミスの得点が群を抜いている。26得点だ。ガードで先発の超有望新人クリス・ポールは8アシスト+7リバウンドと役目を果たしたように見えるが、8本打ったシュートが1本しか入らず、得点は4に止まった…二桁得点はマグローアの13得点、マチヤウスカスの11得点というところだ…

アトランタ…リトルロックのアーカンソー大学に居たジョー・ジョンソンが“故郷”のファンを沸かせる豪快なダンクなどで15得点を挙げ、アル・ハリントンが23得点を挙げた他、出場9選手中の6人が二桁得点と暴れた…

ホーネッツは負傷欠場も見受けられるが、決して悪くはない内容だと言えると思う…が、シーズンに入れば、内容と同時に勝ち星が求められる…
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
まだ馴染まない…
こんばんは。TBありがとうございます。
ホーネッツの新ユニフォーム見ました!
気持ち大き目に見える「HORNETS」の文字にまだ目が慣れない感もありますが、試合を、そして勝利を重ねていく事で、早く「お馴染み」のものにして欲しい所ですね。
また、ホークスのユニフォームにも喪章が入っていますね…シーズンが深まるにつれて、コリアーが居ない事にも慣れていくのでしょうけど、一人の好漢が若くしてこの世を去ってしまった事実は、ずっと忘れないでいようと思います。
惜敗したホーネッツですが、JRスミスに好調を維持して欲しいところです。そしてマグローアの頑張りにも期待しています!
【2005/10/19 22:58】 URL | イヴァン #-[ 編集]

TB感謝!
私のブログにコメントとトラックバックありがとうございます!
JR・スミスは凄い活躍ですね。ルーキーのポールとのガードコンビに注目したいです。
ホークスのハリントンは、J.ジョンソンと共にチームの中心として期待したいです。
【2005/10/19 22:59】 URL | スラム #Spj6QS9w[ 編集]

みなさん!!ありがとうございます!!
>イヴァンさん

ホーネッツの新ユニフォーム!!文字数が“NEW ORLEANS”より少ない“HORNETS”になり、雰囲気がかなり変わったと思います。新ユニフォームに身を包んだ各選手の活躍を期待しましょう!!
アトランタのコリアーが急逝したことは、一寸ショックです。彼らはユニフォームに喪章を付けることにしたんですね…

>スラムさん

ホーネッツは“スミス&ポール”が鍵でしょうね!!今季は、この若い2人が引っ張ってくれるでしょうか?
アトランタももう少し良くなると、リーグ全体が面白くなると思います!!
【2005/10/20 20:38】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

暴れん坊将軍と期待の新人

今日のプレシーズンゲームは、8試合が行われました。特に注目の3試合は、キングス×ナゲッツ、ペイサーズ×スパーズ、マジック×ヒートという対戦です。田臥選手のいるクリッパーズは、ブレイザーズと対戦しました。その田臥選手は、ベンチから10分間出場して、無得.... スラムのNBAトーク【2005/10/19 22:57】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。