NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギャンブル!?
公営ギャンブルというものは、経営が苦しい日本の地方競馬を見ても判るように、必ず儲かる訳でもない…が、それでも「カジノ!!」というのは魅力的な財源なのかもしれない…

復興が思いの外困難になりそうな“ニューオルリンズ”で、「カジノ!!」という論議も始まりそうな様子だ…どうなって行くのであろう?


ロイター通信
米ニューオーリンズ市長、カジノによる再建提案

[ニューオーリンズ 7日 ロイター] 米ニューオーリンズのネーギン市長は、記者会見で、ハリケーン被害に見舞われた同市の経済再建策として、歴史的なフレンチクオーターの近くにカジノを建設する案を提言した。失われた税収を賄うためには思い切った手段が必要、としている。
 同市長は、「市民のために別の解決策を考えたいが、現時点でほかにできることが思い当たらない」と述べた。
 市長の案によれば、市街地の複数のブロックにまたがるUの字型の地域で、大型ホテルの一部をラスベガス式のカジノに転換できるという。
 当地で現在営業するカジノは1軒のみ。市長は、新たに7軒のとばく施設が開設可能だとしている。
 とばく地区を実現するには市と州の議会承認が必要。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。