NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不安だらけの帰還と復興予算と…
過日、かなり久し振りに高校の級友と旧交を温める機会があった…御厄介になっていた高校がある街で同窓会というのではなく、地元でである…同じ街に居ることが偶然に判り、一寸呑んだという次第だった…互いに何故、今住んでいる街に居るのか?仕事があるからに他ならない…

こういうことに思い至ったのは、“カトリーナ”後のニューオルリンズの話題がまた届いたからに他ならない…18万人は帰還するであろうとの予想を大きく下回る8万人が街に戻ったという…結局、「新しい土地で仕事を始めよう…ニューオルリンズには、当分働く場所も…」という判断をする人が多いのだと思う…

帰還…少し早かったのかもしれない…電気や水道と言った、生活に欠かせないものの復旧も万全ではなく、衛生や治安の不安は未だ大きいらしい…

復興に向け、「何を優先するのか」ということに直結する予算の論議も活発になってきた…何とか働く場が出来なければ、“福祉依存”になってしまうであろうし、と言ってそれを縮小してしまっても、当面は働く場など出来る訳でもないであろう…難しい…

益々目が離せない…


朝日新聞
ニューオーリンズ、住民の一時帰宅許可 ハリケーン被害

 米ルイジアナ州ニューオーリンズ市は5日、ハリケーン「リタ」による堤防決壊で2度目の浸水被害にあった東南部の第9区を除くすべての市域で、住民の一時帰宅を許可した。ロイター通信などによると、警察と軍が幹線道路に設けた検問所の多くが取り除かれ、ポンチャートレーン湖近くのレークビュー地区などの住民が一時的に自宅に戻った。

 しかし、自宅に戻って暮らすことをすでに認められた南部地区や中心市街地を除くと、電気や水道が完全には復旧していない。一部の家は数週間にわたる浸水で住めなくなっているという。市には夜間外出禁止令が出され、家にとどまれない住民は夜までに市外に出るよう指示された。

 ネーギン市長は4日、ハリケーン前の市の人口45万5千人のうち約8万人がすでに帰宅したと話した。リタ上陸前に市長が策定した帰還計画で戻ると見込んだ「18万人」には遠く及ばない数字になっている。

北海道新聞
ハリケーン復興 財源で共和党内対立 福祉削減に穏健派反発  2005/10/07 01:09

 【ワシントン6日西村卓也】ハリケーン「カトリーナ」被害の復興予算の財源をめぐり、与党共和党の議論が割れている。福祉予算の大幅カットを狙う保守派に対し、穏健派が貧困者対策重視の姿勢を取っているためだ。最高裁判事の指名をめぐって賛否が渦巻く中での、財政をめぐる党内対立は、ブッシュ政権にとって一層の打撃となりそうだ。

 ハリケーン対策ではすでに六百二十三億ドル(約七兆四百億円)の補正予算が成立。最終的には約二千億ドルの財政負担が見込まれている。ブッシュ大統領はこの財源を、歳出削減によって捻出(ねんしゅつ)する方針で、社会保障費、健康保険などが削減対象として有力視されている。

 「小さな政府」を目指す共和党保守派は、「福祉予算削減の好機」ととらえ、大統領を後押し。共和党のナスル下院財政委員長は五日、十月中にまとめる社会福祉と健康保険分野の歳出削減法案の目標額を、三百五十億ドルから三百八十五億ドルへ10%増とすることを提案した。

 これに対し同党穏健派は、ハリケーン被災者に貧困層が多いことから、当面福祉政策を重視する考え。スノー上院議員は、いったん廃案となった貧困層向けの児童控除法案の復活を目指している。さらに、民主党のケリー上院議員が提唱する低所得者向けの暖房手当法案にも賛同する共和党議員すら出ている。

 ブッシュ大統領にとって「財政保守」勢力は、昨年の大統領選でも重要な支持層となっただけに、「増税なき復興政策」を貫く構え。しかし、既存の歳出削減策では目標額に及ばず、「さらに強力な対策が必要」(フォーリー共和党下院議員)とされる。このため、福祉以外の分野にも「削減枠探し」が波及するなど、議論は拡散する方向にある。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。