NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニューオルリンズ…再建へ!!
米国の都市の歴史を紐解くと、19世紀辺りに街の礎が築かれているような場所が多いように見えるが、ニューオルリンズというのは18世紀辺りから築かれてきた、米国内では「最も歴史がある」と言われる街の一つだ。街の名称の後半の“オルリンズ”だが、本来は“オルレアン”というフランスの貴族の姓から来ているものである。フランス語の“オルレアン”を英語で読むと“オルリンズ”だ…フランスも北米に植民地を築いており、英国との競り合いに敗れて勢力を減少させ、そのうち米国が独立して勢力を拡大という流れで、フランスが礎を築いた街が“米国の都市”となって行った…ニューオルリンズは、そうした都市の代表格だ…余談ながら…「フランスによる北米植民地」の名残が色濃く残っているのは、カナダのケベック州だ。ケベック州は公用語がフランス語である…

欧州の尺度ではそれ程でもないが、米国の尺度で言う“長い歴史”の中、いろいろな要素が混ざり合ってニューオルリンズは歩み続け、様々な“文化発信”さえ行ってきた街である。その街が“カトリーナ”で大きな被害を受けてしまった…かなり酷く水に浸かってしまい、今後の使用に耐えなくなっている建物も相当にあるであろうし、暴風で破壊されてしまっている事例も多く、再建は困難なのかもしれない…それでも少しずつ人々が戻り始めている…或いは…戻る人の数が、街が愛されていたか否かのバロメーターになるのかもしれない…

災害で大きな損害が発生する…となれば“再開発”という話しになって、街が変容してしまう場合もある…それも選択かもしれない…が、「われわれの仕事はニューオーリンズを元に戻すことだ」と市長は語っているという…“文化発信”さえ行ってきた街の“在り様”を取り戻したいということなのであろう…米国での都市開発というようなものについては、色々と試行が繰り返されながら、今日まで様々な経験が積み重ねられているように思う…そうしたお話しは日本でも色々な型で論者に紹介されている。きっとニューオルリンズの「“カトリーナ”からの復興」も、遠くない将来にそうした文脈で話題になることは必定だ。夥しい人々の人生を変容させてしまったであろう災害ではあったが、そこからどう立ち上がるのか?注目したいと思っている…

“カトリーナ”の後、“水浸し”の原因となってしまった決壊した堤防に応急措置を施しながらの排水に着手されたが、“リタ”のお陰で“手戻り”になってしまった…米国には威容を誇る壮大な建築物が多く見受けられる訳だが、米国にはそれらを実現する技術や知恵、そして難工事をやり遂げる気概が、きっとあるのだと思う。太平洋を隔てた遠い国で、一寸ニュースに気を配る程度のことをして見守るばかりではあるが、この“排水”の難工事と復興を、きっと彼らはやり遂げると信じたい…


共同通信
観光名所に商店主ら戻る バーも、復興に一歩

 【ニューオーリンズ26日共同】ハリケーン「カトリーナ」で被害を受けた米ルイジアナ州ニューオーリンズでは26日、ネーギン市長が避難していたアルジェズ地区住民の帰宅を許可、観光名所フレンチクオーターなど3地区で商店主らの日中の立ち入りを認め、住民や商店関係者の帰還が始まった。

 市長は「ハリケーン『リタ』は去った。われわれの仕事はニューオーリンズを元に戻すことだ」と述べ、復興を加速させる方針を強調した。

 フレンチクオーターの歓楽街「バーボン通り」では、冷蔵庫など店内の状況を点検しながら開店準備を進める人々の姿が見られた。音楽をかけながら客にアルコールを出すなど事実上、営業再開にこぎ着けた店も数件あり、復興に向けた小さな一歩となった。

 ただ大方の店舗は閉店したままで、散乱したごみが腐臭を放っている。本格復興にはまだ時間がかかる見通しだ。

日経新聞
再浸水のニューオーリンズ、復旧作業再開・排水に1週間

 【バトンルージュ(米ルイジアナ州)=猪瀬聖】「カトリーナ」に続き、「リタ」の影響で再び浸水が広がったニューオーリンズで25日、復旧作業が再開した。当初は再建の大幅な遅れが懸念されたが、軍当局者は、堤防の損壊は小さく、早ければ1週間以内で排水できるとの見通しを明らかにした。

 リタの襲来直後は、いったん水の引いた地域でも最大3メートルの浸水に見舞われた。このため米連邦当局は24日時点で、リタの影響次第では排水作業は2―3週間遅れる恐れがあると予想していた。しかし通過速度が速く、降雨量も少なかったため、再浸水の範囲も小さく済んだ。

 ニューオーリンズのネーギン市長は25日、今週から再開する予定だった避難民の帰宅について、予定通り行うことを確認した。

 被害の大きかったルイジアナ州南部のレーク・チャールズでは、24日に最大で2メートル近い浸水となったが、25日午後には60―90センチメートルまで下がっているという。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
TBありがとう
wakkanaiさん、TBありがとうございました。
今更、気づきました(鈍感ですみません)
カトリーナに続きリタ・・・なぜ災害は同じ場所に再びやってくるのでしょう。
本当に迅速な対応によりチャリティーなどが行われていますが、復興までにはまだ時間がかかるようですね。遠い異国で何も出来ない私ですが、ひたすら復興を願うばかりです。
追伸;wakkanaiさんもこうしてすばやくblogを立ち上げたりしてかなり貢献している・・・。尊敬だよ。
【2005/09/30 17:10】 URL | rip #-[ 編集]


>ripさん

コメントありがとうございます。
巷の“一NBA観戦好き”として、ホーネッツの行く末が、そして「災害が起これば困ると思っている者」として、一連の話題が非常に気になり、こんなブログを立ち上げてみたのでした。
ホーネッツのお話しを絡めてハリケーン被害の話題を綴っているものも少ないので、こんなのも良いかと思っています。
これからもよろしくお願いします!!
【2005/09/30 20:02】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。