NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダンスチーム“ハニービー”?
Honeybee…蜜蜂…ニューオルリンズ・ホーネッツのホームゲームに登場するダンスチームの愛称だ。Hornets…スズメバチ…映画『エネミーライン』に登場するFA-18戦闘攻撃機の呼称もこのホーネットな訳だが、戦闘機の名前にもなるように、スズメバチは猛々しい感じがする。対して蜜蜂は、もう少しソフトな感じがするし、“ハニー”(蜂蜜)という甘いものを連想させる語も入っているが、これもダンスチームの女性の素敵な笑顔を想起させるように思う…

こうしたダンスチームは、「ショービジネスとしてのNBA」には欠かせないものだ!!そしてダンスチームのメンバーは、地元でチームを応援する人々の代表のような掛替えのないものでもあると思う…ダンスチームのメンバーは、当然ショービジネスの世界での成功を夢見て頑張っている人も居る―最近入手した女性シンガーのCDに付せられた経歴紹介に「NBAのダンスチームを経験」というのもあった…―が、大概は他の仕事をしていたり、学生さんであったりという、地元の普通の人々が参加しているのである…

ニューオルリンズ・ホーネッツのホームゲームに登場する“ハニービー”…ニューオルリンズで来るシーズンに向けて準備中だった…ウォリアーズのダンスチーム、“ウォリアー・ガールズ”に関する話しを通し、彼らの年間の動きはある程度承知している。大概は7月から8月がメンバーを選考するオーディションの期間で、9月は準備のための練習期間、10月のプレシーズンから出番が始まり、11月から4月はシーズンのホームの試合で出番だ。プレイオフになれば、主催する試合に出番がある。チームがファイナルまで進めば、確りファイナルにも登場する…昨シーズンの場合、デトロイトとサンアントニオのダンスチームは確り活躍していた!!こうした試合での出番の他、様々な催しでの出番や、学校訪問などの地域活動に参加する場合もある。こういう様子は30チームに殆ど共通している…各々のチームの公式サイトにも出ている…(紹介に力が入っている所も、アッサリしている所もあるが…)

ニューオルリンズもその例に漏れず、少し前には「メンバーも決まり、シーズンに向けて準備開始で忙しくなります。来るシーズンもよろしく!!」というような主旨が公式サイトにも出ていた…

ところがである!!“2005-06 Honeybee Tryouts”という記事が公式サイトに出ているのである!!上述の記事はそのまま残り、この“2005-06 Honeybee Tryouts”というものが出ているのだ!!

Tryout…要するに“選考会”である。10月9日に催すとのことである。上述の記事は、きっとその“選考会”以降に全面的に修正され、差換えられるであろう…結局ニューオルリンズ地区からダンスチームも丸ごと“暫定ホーム”のオクラホマシティへ移せないということで、オクラホマシティでメンバーを急遽募ることになったようだ…

勝手な想像だが、ニューオルリンズで“ハニービー”に参加予定だったメンバーや身近な人達の中にも、“カトリーナ”のお陰で大変なことになっている人達もきっと居るのだと思う…オクラホマシティの志願者の皆さんには、そういう人達の分も力一杯活躍して欲しいと思う。

オクラホマシティがホーネッツの“暫定ホーム”に決まった時、市長はオクラホマシティもまた悲劇的な事件―連邦政府がオクラホマシティ市内に所有していたビルが、爆弾で破壊されてしまったという事件があった…―の痛手を経験していて、悲しい出来事に見舞われた地域の傷みを理解している数少ない地域であるということに言及していた…きっと良いメンバーが集まると思う!!
ところで、“2005-06 Honeybee Tryouts”という記事をよく見ると、ダンスチームの仕事もなかなか大変であることを改めて実感する。記事の末尾の方に、「仕事の条件」的な内容が記載されている…

・リハーサル(通常週2回)、試合(27回・週末に加えてウィークデイも)とプロモーションイベントに出られるよう、スケジュールに融通が利くこと。通常、週に12時間程度関わることになる。
・試合開始の2時間半から3時間前には集合出来ること。
・シーズン中、最低限決めた回数のプロモーションイベント等に出ること。
・移動手段を確保可能なこと。
・ユニフォーム、ポンポン、ウォーミングアップや練習のユニフォーム、シューズ等を責任持って管理すること。

というような話しだ…
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

エネミーライン

エネミーラインエネミー・ライン (''Behind Enemy Lines'') は2002年のアメリカ合衆国の映画。セルビア人民軍により撃墜されたF/A-18 (戦闘攻撃機)|F/A-18Fから脱出したWSO(兵器管制士官)の逃走劇をメインとした戦争映画である。ジョン・ムーア監督作品 ハルカのblog【2007/03/13 02:47】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。