NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


揺れる米国を思う…
月初めには「仕事の予定?」ということで、とりあえず身体を空けておき、結果的に相次ぐ変更で用事が無くなり、「それは良いが、今更、何か計画も出来ない…」と言う状況で、どちらかと言えば無為な“連休の2連続”を過ごしてはいる…とは言うものの、色々と考える材料になりそうな映画鑑賞―稚内には映画館というものが無いので、テレビ放映やDVDだが…―や読書も愉しみ、そうした意味では充実していた…

昨日、“カトリーナ”の後始末が進行中の案件だというのに、また“リタ”で、何か大変なことになっているということに思いを巡らせながら、2本の映画をテレビ放映で観た。『ワンス・アンド・フォーエヴァー』と『セイヴィング・ジェシカ・リンチ』という作品だ。前者は、1965年の、ベトナム戦争での米軍がきたベトナム軍と大規模な交戦を行った事例としては、“最初の激戦”の一つに数えられる戦いを巡る、作戦に参加した将兵、その家族などのドラマである。「一番先に戦場に降り立ち、最後に立ち去るのは俺だ。誰も置いて行かない!!」と言い、実際そのとおりに振舞う“隊長”が主人公である…ある種の“語り手”的なポジションで、従軍取材をしている記者という役も記憶に残る…後者は、2003年、イラクで“フェダイーン”(義勇軍)の襲撃を受けた部隊に居て、囚われの身になってしまった女性兵士ジェシカ・リンチを巡るお話しである…淡々としたドキュメンタリー風な造りながら、何か見入ってしまうものがあった…

2本の映画…作中の舞台となっている時代や場所は異なるが、共に米国を揺るがした、或いは揺るがしている“戦争”を巡る物語だ…その“戦争”に熱中する政権を擁する国で、未曾有の災害が発生し、社会は益々揺れている…

『ワンス・アンド・フォーエヴァー』では、主人公の隊長の部隊がベトナムでの作戦に従事することになった後、官舎で幼い娘に問われる場面がある。「パパ…戦争って何なの?」とである。言葉に一瞬詰まりながら、隊長は「戦争は起こってはならないけど起こってしまうものなんだ…パパのような兵隊はそれを止めに何処へでも行かなくちゃならないんだよ…」と娘に答える…それから40年程経った、『セイヴィング・ジェシカ・リンチ』で描かれているイラクの戦いはどうだったのだろう?

『ワンス・アンド・フォーエヴァー』の最後の方で、主人公の隊長の部隊が帰国し、記者が色々なことを思い起こして涙ながらにタイプライターに向かって原稿を認めている場面がある。「国のため」と入隊してベトナムに送られたが、帰国して部隊で公式な出迎えを受ける訳でもない…結局、将兵は過酷な状況で共に生き抜こうとした仲間達のために戦っていた…というようなナレーションが被る…この部分は、『セイヴィング・ジェシカ・リンチ』で描かれているイラクの戦いでも通じるものがあるのかもしれない…

未曾有の災害が発生している中、ワシントンDCなどで“反戦デモ”も起こっているという。人が集まる催しでは、“主催者発表”というものがあって、例えば、実際には4,000人程度の群集が集まったものを2万人と発表するような場合もあるのかもしれないが、それでも「推定15万人」と伝えられているデモの大きさは凄い…卑近な例えながら、稚内市の人口は4万2千人弱であるので、「街の人口の3倍以上!!」というスケールになる…『セイヴィング・ジェシカ・リンチ』で描かれているイラクの戦い…“州兵”という人達が多く派遣されているようだ…“州兵”も連邦軍の指揮下には入り得るものだが、本来は州の域内での災害時支援や様々な警備業務を行うもののようだ…“カトリーナ”に際しては、そうした業務にあたるべき州兵をイラクに送ってしまっていて、即応困難に陥ったという批判が聞こえていた…『セイヴィング・ジェシカ・リンチ』のジェシカ・リンチ上等兵も、映画の中で明確には言及されていないが、どうも大学の学費を捻出するために入隊した“州兵”であった様子が伺える…災害が発生している中であるが故、「そういう仕事をする人間に、他の事をさせている場合ではないだろう!?」という声もあるのかもしれない…

たまたま観た映画に、戦争が、そして災害が揺るがす米国を思っていた…

そして“リタ”である…以前、大きな火事があった際、電線が熱で切れて青白い火花が上がるのを見て怖かった覚えがある…強風に耐えられれずに切れた電線から引火するという事態も伝えられていた…広範な地域での停電等が続いているようだ…そして高値基調に拍車が掛かっている石油の、関連施設のことも気になる…卑近な例えだが、これは「1万円で買っていた灯油と同じ量を購入しようとする場合、1万4千円程度になる」というような、“身近な問題”ももたらす話しだ…水浸しだったニューオルリンズも、また水に浸かろうとしている…一寸目は離せない…


共同通信
「兵士帰せ」と大合唱 米首都で15万人デモ

 【ワシントン24日共同】ブッシュ米大統領が踏み切ったイラク戦争に反対し、駐留米軍の即時撤退を訴える反戦デモが24日、ワシントンのホワイトハウス周辺で行われ、「推定15万人」(ワシントン・ポスト紙電子版)の参加者が「兵士を故郷に帰せ」と大合唱した。

 2003年3月のイラク開戦以降、首都での反戦デモとしては最大。主催者の米反戦・人権団体で組織する「インターナショナルANSWER連合」が予想した10万人を超える規模に膨れ上がり、米国内での反戦機運の高まりを示した。

 ロンドンでも同日、1万人が参加し、イラクからの英軍撤退を求めるデモが行われた。

 米国のデモには、息子をイラクで失い反戦運動のシンボル的存在となったシンディー・シーハンさんらも合流。シーハンさんが「あと何人の子供を(イラクの戦闘で)犠牲にしたいのか」と訴えると、参加者は「犠牲者を出すな」とシュプレヒコールを繰り返した。

毎日新聞
<米ハリケーン>「リタ」上陸 90万戸停電 高架橋崩壊も

 【ヒューストン(米テキサス州)國枝すみれ、ワシントン和田浩明】大型のハリケーン「リタ」は米中部夏時間24日午前2時半(日本時間同日午後4時半)ごろ、メキシコ湾岸の米テキサス、ルイジアナ両州境付近に上陸した。上陸当時の強さは5段階基準で上から3番目の「カテゴリー3」だったが、その後勢力を弱めカテゴリー1となった。最大風速は約33メートル。米国有数の石油施設の集中地帯を直撃した形となり、被害が懸念されている。両州で約90万戸が停電、ルイジアナ州では高架橋の崩壊などが報じられている。

 ブッシュ米大統領は24日、コロラド州コロラドスプリングスの米北方軍司令部で、「人々の捜索・救援活動に最優先に当たるよう(米軍に)指示した」と記者団に語った。

 上陸前、300万人以上に避難命令が出ていた。米海洋大気局によると、上陸地点はテキサス州南東端のサビーンと、ルイジアナ州南西端のジョンソンズ・バイヨーの間。リタは同日午前10時現在、中心気圧は960ヘクトパスカル。海洋大気局は今後数日間で600ミリを超える降雨を予想、洪水への警戒を呼びかけている。

 米フォックステレビによると、ルイジアナ州レーク・チャールズ付近の高架橋が崩壊。飛行機の格納庫が吹き飛ばされたり、カジノホテルの大きな損傷も報告されている。テキサス州ランバートンでは倒壊した樹木で壊れた家から住民が救助されたとCNNが報じた。
 CNNなどによると、ヒューストン近郊パサデナのショッピングセンターで火災が発生。ヒューストン市内でも火災が起きている模様で、略奪が複数発生したとの情報もある。テキサス州ガルベストンでは市街中心部の建物3棟で火災が発生、うち1棟は全焼した。建物内部にいた女性1人が病院に運ばれたという。

 先月の大型ハリケーン「カトリーナ」で壊滅したルイジアナ州ニューオーリンズでは、降雨や高潮による運河の増水で、市街地への浸水が続いている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。