NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“新たな脅威”がもたらした“新たな問題”…
NBAヒューストン・ロケッツのダンスチームに居たこともあるという、ヒューストン出身のNATALIE(ナタリー)という女性アーティストのCDに耳を傾けていたが…そんなことをしていてヒューストン発のニュースに目を止めた…大変なことになっている…

“リタ”を巡り、“カトリーナ”では「対応が悪過ぎ!!」という批判を受けてしまった政権は、「事前避難で悪い状態を避けられるなら…」と「対応に必死」である様、或いは雰囲気が伝わる…「大統領は地元の災害で、カッコウ悪い真似をしたくない訳だ…」と多少意地悪な見方も出来るかもしれないが、大きな被害で被災者救助が難航してみたり、避難所でも色々と大変な問題も起こっている“カトリーナ”の記憶が生々しい―と言うより、復興に着手したばかりで、「進行中の案件」である!!―中、「何とか!!」と地元の皆さんも必死なのだと思う…

「事前避難で悪い状態を避けられるなら…」というやり方…ハリケーンのように、暖かめな海水をエネルギーにしながら「少しずつ都市に迫る脅威」というのであれば、賢明であると思う。不意に大きな揺れが発生する“直下型地震”ではこうも行かない…そこで事前非難の動きが、“リタ”の予想進路であるヒューストンで拡がった…しかし、“新しい問題”である…

都市というものは、都市が抱える人口の他、都市に出入りする人口以上の人々に向けて基盤が用意され、サービスが提供されて成り立っている。だから、「○○の人口はX万人」という場合の“X万人”以上の人々が利用する基盤―道路、空港、港、水道など―は整えられ、物を売るなどのサービスの体制も自ずと整う。“X万人”が所有している自動車を普通に利用して、街の域内や他所の地域とを往来する道路も整備され、車を動かす燃料も“売れそうな量”が方々のスタンドに備えられ、“X万人”の胃袋を満たす食料が食料品店等に揃うものなのだ…ところが、「“X万人”が一斉に街から逃げようとする」という事態に関しては、全くの“想定の範囲外”である…

今、ヒューストンではこの全くの“想定の範囲外”が起こってしまった…他地域へ向かう飛行機の旅客が捌き切れなくなり、長距離ドライブに備えて多くの車が一斉に給油をしようとして燃料の在庫が無くなり、「途中で何とか…」と走り出した車はガス欠で道路を塞ぐ…空港の能力、道路の幅、市内の車に供給可能な燃料…200万人の人口を擁する大都市が普通に機能する範囲を逸脱した人の移動で、麻痺してしまった…“新しい問題”である…

ニューオルリンズの災禍を免れてヒューストンに移った人達…どうしたのだろう?そして、それらの人々を迎えて“支援の輪”を拡げていたヒューストンの人達…どうするのだろう…ニューオルリンズでは支援物資が届かず、市内の方々から食料を奪う等の状況さえ発生してしまったが、このままヒューストンで大きな被害が発生した時の備えはどうなっているのだろう?非常に気懸りだ…


読売新聞
「リタ」ヒューストン直撃か、高速道路・空港は大混雑

 【ヒューストン(米テキサス州=白川義和】超大型ハリケーン「リタ」は22日、5段階の分類で2番目に強い「レベル4」に落ちたが、依然として強い勢力を保ったまま、メキシコ湾を北上している。

 同湾に面したテキサス州の島の町ガルベストン周辺に上陸後、全米第4の都市ヒューストンを直撃する可能性が高く、高速道路や空港は大混雑が続いている。

 一方、先月末に「レベル4」のハリケーン「カトリーナ」に襲われたルイジアナ州ニューオーリンズでは、リタ接近に伴う降雨により、修復したばかりの堤防が再決壊することを警戒。陸軍工兵部隊などが堤防を強化する作業を続けている。

 米ハリケーン・センターによると、リタの最大風速は秒速約60メートルで、24日朝(日本時間同日夜)上陸する見通し。同センターは「レベル4か5で上陸する可能性が高い」と警告した。

 避難命令が出されているガルベストンでは住民6万人の大半が脱出した。人口200万人のヒューストンでも数十万人が避難を始め、企業や商店、レストランなどが一斉に休業し、町は静まりかえっている。在ヒューストン総領事館は、在留邦人約2500人の動静の把握に追われた。

 市内や高速道路沿いのガソリンスタンドは避難する車が殺到してガソリンがなくなり、次々と閉鎖された。数珠つなぎの高速道路では、ガス欠やオーバーヒートで立ち往生する車が相次いだ。ガソリンの供給がまったく追いつかず、渋滞対策も整わないまま、避難を余儀なくされる事態に、市民の怒りは頂点に達した。

 ヒューストン国際空港では、警備担当職員100人が出勤せず、混乱が拡大した。長蛇の列はターミナルの外まで続き、手続きを終えるのに2時間かかる人もいた。

毎日新聞
[米ハリケーン]「リタ」上陸前に市民大脱出 ヒューストン

 【ヒューストン(米テキサス州)國枝すみれ】ハリケーン「リタ」の上陸前に備え、中心部など一部地域で避難命令が出されたヒューストンから市民の大脱出が始まった。しかし、高速道路は大渋滞し、ほとんどのガソリンスタンドは閉鎖状態。人口200万人の大都市はマヒしつつあり、脱出をあきらめる市民も出てきた。

 ◇脱出あきらめる市民も

 ヒューストン市内から北に向かう高速は大渋滞、5キロ進むのに約2時間かかった。どの車も家族以外に、大きなカバンやペットを乗せている。一刻も早くハリケーン圏内から脱出しようとする避難民たちだ。

 午後4時。空港近くのガソリンスタンドは、手当たりしだいにドリンクや菓子類をつかんで買う人で一杯だった。水はすでに売り切れた。60代の男性は「飛行機は明日の午前中までしか飛ばない。もう乗れないといわれた」と話した。

 「既にウォルマートも閉まっているよ。うちも今晩で閉める」。店員の声がさらにパニックに拍車をかける。うそではなかった。オフィスビルやスーパーはもちろん、レストンラン、コンビニエンスストア、ガソリンスタンドも閉まっていた。

 午後6時。ハイウエーの路肩にガソリンが切れた車がずらっと停車している。オーバーヒートを起こしている車もある。市当局は給水車とガソリン給油車を市内に走らせると約束したが、見当たらない。日没後、幹線道路沿いのホテルの駐車場では、脱出をあきらめた市民が空室待ちをしていた。

 市外への脱出を呼びかけていた市当局は夜になって方針を変え、「これから脱出しようとする市民はあきらめてください」と警告し始めた。ガス欠の車が幹線道路をふさいでは緊急車両も通れなくなるからだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。