NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


捜索…非難…支援…
長く自宅でじっとしていて発見された“カトリーナ”の被災者…「どんな様子?」と思っていたが、また発見された人は「誰のことも怖かった」と話しているそうだ…「なるほど、そんなものか…」と想像を越える状況を思う…

米国の対応に関しては、国外からも非難の声が上がっている…それも「圧政国家」と米国が非難していたような国からだ…

そうした非難は続くのだろうが、打撃を受けた産業の建て直しや、それに従事していた人達の再出発を応援することも必要だ…

何か、上述の3点に動きが集約してきたように見える…


共同通信
男性を20日ぶりに発見 ニューオーリンズ

 【ワシントン18日共同】ロイター通信によると、米ルイジアナ州ニューオーリンズ東部でハリケーン「カトリーナ」上陸以来、自宅にとどまっていた男性(39)が18日、生存者を捜索していたオレゴン州の州兵に20日ぶりに発見された。
 呼び掛けに対する反応はなかったものの、家の中に人の気配がするため、救助隊はこれまで食料や水を男性の家の前に置いてきたという。男性は「誰のことも怖かった。洪水以来、ずっとここにいた」と話している。

時事通信
ハリケーン被災対応をやり玉=「圧政国家」が米を糾弾-国連

 【ニューヨーク18日時事】ニューヨークの国連本部で行われた総会首脳会議や、これに続く総会一般演説では、米国から「圧政国家」と名指しされたジンバブエのムガベ大統領や、強硬な反米派として知られるベネズエラのチャベス大統領が激しい対米批判を展開。米南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被災者救援での対応をやり玉に挙げ、米政府を糾弾した。

時事通信
ハリケーン被災農家を救え!=米シカゴで支援コンサート

 【シカゴ18日時事】米国の家族経営農家を支援する非営利団体ファーム・エイドは18日、イリノイ州シカゴ郊外で設立20周年記念のチャリティーコンサートを開催するとともに、大型ハリケーン「カトリーナ」で被災した同国南部の農家を救済するための基金創設を正式に発表した。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。