NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“道程”は始まったばかり…
9月16日が“追悼記念日”…これはある意味で“カトリーナ”が落ち着いたということであろう…関連情報も少なくなってきた…

だが他方で、この災害がアメリカに突きつけた課題は大きい…遅れてしまった救援体制を検証し、もしまた何かがあった時に活かさなければならないであろうし、何故大勢の人が非難し損なってしまったのか、ということも検討して改善しなければならないであろうし…挙げれば際限はないであろう…

他方、一部に帰還も始まったとは言え、被災地の復旧には時間は掛かる…夥しい数の避難民の対応も相当に骨が折れる…赤十字も、緊急に避難民関連の仕事をするスタッフを募集するようだ…

まだまだ“道程”は始まったばかりだ…


毎日新聞
<米ハリケーン>「不平等という遺産も一掃」米大統領が追悼

 【ワシントン木村旬】大型ハリケーン「カトリーナ」による犠牲者を追悼する式典が16日、ワシントンの大聖堂で開かれた。ブッシュ大統領は追悼の言葉で「ハリケーンの残がいとともに不平等という遺産も一掃しよう」と述べ、被災者の多くを占める黒人らへの経済的・社会的差別の解消に努める考えを示した。

 「政府の救援が遅れ、貧しい黒人らが取り残された」との批判が高まる中、大統領は前夜の演説に続いて人種問題に配慮する姿勢を重ねて強調した。「家や仕事の復興と同時に平等の地とすることを改めて約束する」とも語った。

 大統領は16日を追悼記念日と定め、全国の教会に一斉に式典を開くよう呼びかけた。しかし、AP通信によると、一部の教会は、政府の救援の遅れを非難して、同時開催を拒んだといい、政権への厳しい視線が根強いこともうかがわせた。

共同通信
赤十字が異例のSOS ボランティア4万人急募

 【バトンルージュ16日共同】米ルイジアナ、ミシシッピ州を中心に50万人を超える避難民を生んだハリケーン「カトリーナ」の被災者救援に当たっている米国赤十字社は19日から、緊急ボランティア4万人の募集を始める。米国史上最大級の災害救助で、職員らの疲労がピークに達する中の大規模募集は赤十字が出した異例の「SOS」だ。

 同社広報部によれば、募集の対象地域は両州に加えテキサスなど周辺地域で、3週間以上の活動を求める。赤十字職員や既に被災者救済に従事している他のボランティアを補助するのが主な仕事。

 ルイジアナ州だけで100カ所を超える避難所は、現在も大量の避難民であふれる。24時間態勢での食事、医療供与といった基本的な支援活動に加え、家族を捜す避難民の世話や学校の手配と多岐にわたるケアが求められる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。