NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


非難や抗議をするよりも…
「非難や抗議をするよりも、人々の寛容さや気遣いを主に考えて表現していくことが大事」というのは、新作プロモーションで来日したミュージシャンのジョン・ボン・ジョヴィが、“カトリーナ”被災地に向けて義捐金を贈ったことに話題が及んだ中で語った言葉であるという…彼の言う「人々の寛容さや気遣い」というもの…これは拡がりつつある“支援の輪”を念頭に置いたものであると感じる…ポンと100万ドルもの寄附が出来るのは、彼のような“ビッグネーム”になっているミュージシャンや、著名なプロスポーツの選手や、途轍もない資産を持っている実業家等の限られた人達だが、各々「及ばずながら…」、「微力ながら…」と何か出来る場合もあるであろう…或いは何も出来ずとも、大災害で生じた困難に立ち向かおうと、不安と不満に溢れた状況下でもがいている人達が居ることを、忘れないようにしたいと考える…

「取材チームが着いた時、救援チームは未だ来ていなかった…一介の取材チームが辿り着ける場所に、“プロ”である救援チームが居ないのは何故なんだ?!」という主旨で、被災地域を訪ねた大統領に迫るマスコミに対し、大統領は「“非難合戦”をしたいのか!?それどころではない!!」というような言い方をしていたが、とうとう「政府の不手際で困難を拡げてしまったことは否定出来ず、政府の不手際は最高責任者の大統領の責任である」旨を認めたそうだ…既に、直接に災害対応の仕事を行う部門の局長が引責辞任もしているのだが…

今は、“支援の輪”を大切に育み、必要な仕事をどんどんやる以外に無い訳だが、少し落ち着いた辺りで、大きな“動揺”が起こるような気がしてならない…


日経新聞
ハリケーン対応の遅れ「責任を負う」・米大統領

 【ワシントン支局】ブッシュ米大統領は13日、イラク大統領との会談後の記者会見で、超大型ハリケーン「カトリーナ」への対応が遅れた問題に関し「私が責任を負う」と述べた。「ハリケーンによって(連邦、地方、州など)あらゆる段階での対応能力に深刻な問題があることが明らかになった」と説明した。現在政府が対応の遅れの原因を調査中で大統領は「何が間違っていたのか知りたい」と強調した。

 ブッシュ大統領は15日、4度目となるルイジアナ州などの被災地を訪問し、国民向けに演説をする予定。

日経新聞
米FEMAのブラウン局長が引責辞任

 【ワシントン12日共同】米南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」への初動対応が遅れ、非難が集中していた米連邦緊急事態管理局(FEMA)のブラウン局長は12日、「(FEMAの)これ以上の混乱を回避するために辞任する」との声明を発表、局長を引責辞任した。事実上の解任とみられる。初動遅れに絡み、政府高官が辞任に追い込まれたのは初めて。

 ハリケーンの犠牲者は400人以上が確認され、さらに増える見通しの中、連邦政府の危機管理機関トップの辞任という事態に、ブッシュ大統領は一段と窮地に立たされるのは必至だ。

 大統領は12日、最大の被害が出たルイジアナ州ニューオーリンズ市で「決定的な場面で気の緩みがあった」と記者団に語り、政権として油断があったことを認めた。

 ブラウン局長は、野党、民主党が辞任要求を強める中、9日に現場指揮の責任者から外され、ルイジアナ州の現場からワシントンに召還された。 

サンケイスポーツ
ボン・ジョヴィが100万ドルを寄付…米ハリケーン被災者支援のため

 来日中の米ロックバンド、ボン・ジョヴィが13日、都内で新アルバム「ハヴ・ア・ナイス・デイ」(14日発売)のPR会見を行い、米国南部に多大な傷跡を残したハリケーン、カトリーナの被災者支援のため慈善団体に100万ドル(約1億1000万円)を寄付したことを明かした。

 ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ(43)は「自分たちを含め、世界や人類はひとつの大きなつながりなんだ…」と“人類みな兄弟”を力説し、「(救援活動に不手際の続くブッシュ大統領に対して)非難や抗議をするよりも、人々の寛容さや気遣いを主に考えて表現していくことが大事」と訴えた。

 アルバムについては「今の40代の人間が思っていることを素直に表現した」とPRし、「来年初旬には必ず戻ってくるよ」と日本ツアーを約束した。午後からはTBS系「とくばん」(22日放送)の収録に参加。14日離日し、欧州へ向かう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。