NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クラクストンがアトランタへ…
ホーネッツの選手達の中に「もう一寸日本でも人気者にならないだろうか?」と何時も気になっていた選手が居た。スピーディー・クラクストンである…

“居た”と過去形を用いたが、ホーネッツを去ることになった…アトランタへ移籍する…

「気になる存在」としてこのブログでもご紹介した経過がある…

#5 Speedy Claxton

クラクストンは、NBA選手としては小柄な、身長180cmのポイントガードである。ホーネッツに参加する前はウォリアーズに居た。あのバロン・デイヴィスとのトレードで移ったのだが…

ウォリアーズでは先発での登場も目立ったクラクストンだったが、2005-06シーズンには“超新星”クリス・ポールのバックアップ的な位置付けであった…先発は彼が外れた試合であることが寧ろ多かった…

が、この「途中出場」という起用が、クラクストンには巧く嵌ったのかもしれない…巧みなドリブルで果敢に斬り込みを仕掛け、長短様々なシュートを遠慮なく放ち、力強く決めてくれるチームメイトに「頼むよ!!」と鋭いパスを出す…決めた選手に駆け寄って喜びを爆発させるクラクストンの愛嬌のある表情が、私は大好きなのだが…

このクラクストンは、そういう具合に短めな出場時間でも全力を尽くし、試合の“流れ”、チームの攻めの“勢い”を味方に引き寄せてくれる選手だ…これがなかなかに評価され、「6番目の男」として大注目された!!

ホーネッツが大幅にメンバーを換えようとする動きを見せている中、FAの彼は移籍する可能性も高かったが、それが決まった型だ…彼は「折角に掴んだ先発の座を外れた」ということにもなるが、何時の間にかなっていた“ベテラン”として“率先垂範”で練習も試合も全力を尽くす選手で、若手も「スピーディーさんにあやかろう…」と一生懸命になった、というのがホーネッツでは見受けられたそうだ…

競技力に加え、そういう“人望”というようなものも備えたクラクストン…大連敗でシーズンをスタートさせた他方に、強敵に勝って調子に乗る場面もあったものの、結局リーグ最低勝率を争うような状態に終始したアトランタを盛り上げる大役が期待されている…これからも注目したい…あの、パスを決めた時の笑顔が、アトランタで盛んに見られるようになれば、あのチームも羽ばたくかもしれない…
【NBA】ホークス、S.クラクストンとの契約に合意 ― ISM

 アトランタ・ホークスが、ニューオリンズ・ホーネッツからFAのPG、スピーディ・クラクストンとの契約合意に達したと見られている。アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション紙はウェブサイト上で、金額は4年総額2,500万ドル(約28億6,000万円)と報じている。プロ5年目のクラクストンは、昨季ホーネッツで新人王に輝いたクリス・ポールの控えを務めながら、1試合平均12.3得点、4.8アシスト、2.7リバウンドをあげている。

 代理人のビル・ダフィ氏は、「クラクストンは、ホークスにうまく適合すると思う。彼は若手と一緒にプレーするのが好きで、ホークスは彼のようなリーダーシップのある選手を必要としている。このチームは、間違いなく上昇するだろう」と述べている。昨季のホークスは、ロースターの平均年齢がリーグで最も若い23歳だった。PGの不在に悩まされていたホークスは、昨季チームトップの平均20.2得点をあげたジョー・ジョンソンや、経験不足のロイヤル・アイビーに司令塔を任せていた。しかし、2003年にはサンアントニオ・スパーズでNBA王者を経験するなど、実績十分なクラクストンが加入することで、来季はジョンソンを本職のSGに専念させることができる。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

どうも、スラムさんのところから飛んできました。
どうやらタイソンチャンドラーがホーネッツにトレードされたみたいです。
交換相手はJRスミスとPJブラウンです。
【2006/07/06 19:21】 URL | ミステリー #-[ 編集]


>ミステリーさん

コメントありがとうございます!!
PJにJR!!彼らもホーネッツを去りますね…今季はかなり大きく陣容を変えそうですから、様子を見たいと思います…
昨シーズン、苦境の中で頑張った若き未完のチームに“力”をもらったような気がします。今季は「新たな陣容で更に挑む!!」という展開を目指すのでしょうね…
【2006/07/08 11:30】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。