NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“The Birdman”が…
「非常に落胆している…クリス(アンダーセン)がリーグから追放されてしまった…チームメイト、コーチ陣、関係者として、我々は彼が良くなり、こうした経験から教訓を得てくれることを望むものである…」というのは、ホーネッツのジョージ・シンオーナーが発表したコメントである。クリス・アンダーセンが、「違反薬物の使用」によりNBAから“追放処分”ということになってしまった…最低2ヵ年はNBAに復帰することが許されないという処分である…

NBAではアンフェタミン(覚醒剤系統のもの)、コカイン、ヘロイン、LSD等の禁止薬物の使用に関して厳しく臨むこととしており、ランダムに選手を選んで、事前通告を行わずに検査をする。アンダーセンは、この検査で“陽性”ということになってしまった…

1月27日…アンダーセンはオクラホマシティでの練習に参加し、1月28日の試合が行われるメンフィスへチームの一行に加わって向かったが、その晩には“処分”が決まったので姿を消したということである…

アンダーセンは豪快なダンクやブロック、更に途中出場で“爆発”を見せるなど、エネルギッシュな空中戦を得意とすることから“The Birdman”(鳥人)のニックネームで親しまれた。“Dリーグ”(彼の時代は“NBADL”という略称のみで、“Dリーグ”という愛称は無かったが…)からNBA入りを果たし、デンヴァーで3シーズンを過ごした後、ホーネッツに移ってきた。通算5シーズン目だった…“カトリーナ”でチームがニューオルリンズからオクラホマシティの“暫定ホーム”に移っている訳だが、オクラホマシティのバスケットボールファンの間でもなかなか人気も高かった選手である…

非常に残念な展開だ…新たにNBAと出会ったオクラホマの皆さんや、なかなかの善戦から勇気をもらおうとしているルイジアナの皆さんにとっても非常に哀しい出来事であると思う…私も哀しい…多少“はみ出した”感じなどもあっても良いのかもしれないが、少年に夢を与えるプロスポーツ選手というものは、少なくとも危険な薬物に手を出すようなことはすべきではない…不運な大災害にも挫けず、試合を重ねる毎に成長するかのように善戦するチームにあって、“鳥人の飛翔”は魅せどころでもあった…楽しみにしていた多くのファンを幻滅させてしまったことになる…

ホーネッツのシンオーナーは、「ファンの皆さんに申し上げたいのは、私や妻もやっていることだが、クリスのために祈ってやって欲しい…ということだ…」とオクラホマの地元紙の取材に応えたそうだ…アンダーセンは危険な薬物に手を出してしまった訳だが、そうしたものから手を引いて、巧く社会復帰を果たして欲しい…下部リーグからNBAに駆け上がってというような苦労もしている選手だ…きっと出来ると思う!!私もそういうように祈ろう…
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
アンダーセンの復活待ってます!
アンダーセンにこんなことがあったとは、ビックリです。
シンオーナーが言っている言葉は、深いです。アンダーセンといえば、
エネルギッシュな選手のひとりとして注目しています。
【2006/01/29 21:56】 URL | スラム #Spj6QS9w[ 編集]

祈りましょう…
>スラムさん

コメント・TBに感謝です。
アンダーセン…復活を祈りたいです。私も応援している一人ですから…先日も怪我から戻ってダンク4発など、パワフルなプレーが魅力の選手です…
【2006/01/29 22:46】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


僕が一番好きなNBA選手がアンダーセン選手でした。
初めて見たのは2004年のダンクコンテストで、前回王者のリチャードソン、ジョーンズ、デイビスというメンバーの中
一人白人の選手がいて、白人の選手には無理だろうと思っていたのですがコンテストを見た瞬間僕はアンダーセン選手の
ファンになりました。難易度の高いウインドミルのリバースダンク。バックボードにボールをバウンドしてからのダンクは
頭の位置がリングから超えるぐらいの
ジャンプをしていました。白人もこんなに跳べるんだ
と驚愕したのを覚えています。試合中にも豪快なブロックやダンク、アリウープなどがアンダーセン選手のニックネームのBirdmanにピッタリだと思いました。
アンダーセン選手のプレイが2年間見れないのは残念ですが是非戻ってくることを信じていきたいです。
鳥人はまた空を舞うでしょう!!!
【2006/01/30 21:43】 URL | 鳥人 #-[ 編集]


>鳥人さん

コメントありがとうございます。
残念な思いをしている人は非常に多いと思います…
あの豪快なダンクが…強敵に挑みかかる果敢なプレーがコートに帰って来ることを祈りましょう!!
【2006/01/31 18:36】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

アンダーセンがドラック違反

1.ホーネッツのクリス・アンダーセンが2年の出場停止処分 アンダーセンは、リーグの薬物違反プログラムを違反したことを理由に、2年間の 出場停止処分を受けました。アンダーセンがこれまでの検査で陽性だったことが なかったということが意外です。アンダーセ.... スラムのNBAトーク【2006/01/29 21:54】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。