NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Be aggressive!! 勝った!!
1月14日のヒューストンでの試合である…

ヒューストンは主力の欠場という不運に見舞われ、今ひとつ伸び切れない印象のシーズンを送っている…あの“上海の大巨人”、ヤオ・ミンが欠場中だが、この試合ではトレーシー・マクグレディまでもが欠場してしまった…

という試合だが…

TEAM 1 2 3 4 T
Hornets 18 13 28 27 86
Rockets 13 23 24 20 80


第1クォータはホーネッツが、第2クォータはヒューストンがそれぞれ優勢に試合を進め、前半は36対31とヒューストンが先行して折り返した…因みにこのホーネッツの31点…ヒューストンとしては、「最も相手を低い得点に抑えた前半」ということになるのだそうだ…

後半に入ると、傷めている親指をテーピングやプロテクターで庇いながらも出場しているクリス・ポールら、若きホーネッツは勝負を仕掛けた…バイロン・スコットヘッドコーチは「積極的であれ!!」(Be aggressive)と繰り返したというが、若きホーネッツはスコットヘッドコーチの期待に応えた!!

ポールが17得点+5アシスト+6リバウンド、デズモンド・メイソンが16得点+2アシスト+6リバウンド、P.J.ブラウンが13得点+10リバウンドと先発の3選手が二桁得点を挙げ、“6番目の男”、スピーディー・クラクストンが12得点+4アシスト+7リバウンドと光った!!

これで17勝19敗…何時の間にかウォリアーズと同じ勝敗だったりする…次はシャーロットでの試合だ…

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。