NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年12月の“最優秀新人”!!
クリス・ポールが11月に続き、またこの“月間最優秀新人”を受賞した!!最早、“新人”という枠組みを踏み越えた存在になっている感さえある!!

これからは、各チームの新人達も出場機会が増えて目立つようになるであろう―例えばウォリアーズのディオグのような選手…―から、このまま目立ち続けるのは難しくなるのかもしれない…それでも、ポールの「“トリプル・ダブル”もそのうちに?」と思わせる、なかなかの得点力と、巧いパスと、リバウンドを拾いに行く“嗅覚”のようなものは傑出しているが…

或いはポールは「成長を続ける若きホーネッツ」の“象徴”的な存在のようにも思う…これからも注目だ!!
ISM
【NBA】ルーキー・オブ・ザ・マンス ~C.ビラヌバ、C.ポール~

 現地時間3日、NBAは12月のルーキー・オブ・ザ・マンスを発表。東カンファレンスからはトロント・ラプターズのフォワード、チャーリー・ビラヌバを、西カンファレンスからはニューオリンズ・ホーネッツのガード、クリス・ポールを選出した。

 ドラフト1巡目全体7位で指名されラプターズ入りしたビラヌバは、先発出場こそないものの、12月は14試合中13試合に途中出場。ルーキー3位の14.2得点、同4位の4.9リバウンドのアベレージを残し、フィールドゴール成功率52.7%(ルーキー3位)を記録した。チームは11月、1勝15敗と散々な結果だったが、12月はビラヌバの活躍もあり、7勝7敗の成績を残している。

 一方、ドラフト1巡目全体4位で指名されホーネッツ入りしたガードのポールは、先発ポイントガードとして定着して、いずれもルーキートップの16.3得点、6.4リバウンド、7.9アシスト、2.6スティールのアベレージを残し、11月に続き2か月連続のルーキー・オブ・ザ・マンスに。スティールはリーグ2位、アシストはリーグ9位と素晴らしい数字を叩き出しており、チームの勝利に大きく貢献している。

 その他の候補者は以下の通り。

○ルーサー・ヘッド(ヒューストン・ロケッツ)
○チャニング・フライ(ニューヨーク・ニックス)
○アンドリュー・ボガット(ミルウォーキー・バックス)
○デロン・ウィリアムス(ユタ・ジャズ)
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。