NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空港…40%…
ニューオルリンズの空の玄関…ルイ・アームストロング国際空港…地元のニュースサイトによれば、概ね“カトリーナ”以前の40%のフライトが離発着しているそうだ…

今週の月曜日…空港を離発着したフライトは66…クリスマスを控えた金曜日の予定は68だという…これは“カトリーナ”から間もない9月13日にとりあえず空港が開いた際の2フライトを思えば長足の進歩だ!!しかし…被災前の8月中は1日166フライトが離発着していたことを思えば、まだまだである…

空港で航空会社のフライトが離発着するという要素以外に、空港と市内との交通の充実度や、旅客が滞在する宿泊場所、或いは住宅などなど、空港の賑わいが戻るためには色々な要素がある…「“カトリーナ”以前の80%」という次元に至るのは、2007年頃が予想されているようだ…

現在、被災前に近い体制で運航している航空会社もあれば、減便している会社や、未だ運休している会社もあるという…1月以降、ニューオルリンズのホテルの状況が好転するようになれば、運休している会社の中で“還ってくる”例も出始めるであろう…

長い道程だ…

因みに、空港の情報は下記を御参照されたい…
Louis Armstrong International Airport(英語)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。