NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“希望”という名の電車…??
ニューオルリンズの名物の一つに、路面電車がある…“カトリーナ”以降、長く運休していたが、乗務員など関係者が徐々に街へ戻っており、態勢が整ったことから、漸く運行が再開された!!これは“復興への一歩”として歓迎すべき話題である。

だが…公共交通機関が走り回るような箇所は、街の一部に止まっているというのも事実である…フレンチクォータなどの地域は、一見“被災前”と大差ないように見える場所もあるというが、街の大半が浸水被害を受けてしまっていた中、復興には時間が掛かる…

ニューオルリンズの定住人口は6万人程度、昼間に出入りする人達を勘案した交流人口は12万人程度になっているらしい…ニューオルリンズの人口が50万弱、往来のある周辺都市を加えた圏域人口が130万程度と言われていた…これを思うと、「“十分の一”程度の経済活動?!」と言わざるを得ない面がある…

NFLのセインツが使用していたスーパードーム、NBAのホーネッツが使用していたアリーナも復興の一環として急ピッチで修復が進められている。ニューオルリンズは、こうしたメジャースポーツのチームが立地している他、これらが使用する施設を利用した大きなイベントも多く行われていた…そういうものを「離したくない!!」と必死なのであろう…年に一度程度の大きなイベントは、施設の修復が進められれば、完全に離れてしまわない可能性は高い。だが、メジャースポーツとなれば…「130万人で支える」ことをしていたものを、「12万人で支える」ことが出来るのだろうか?NFLは、「来季は!!」スーパードームも含め、ルイジアナでの試合開催が固まりつつある…NBAは…今の時点では「帰還!!」という方向性ではあるが、ホーネッツのオーナーは「開催したとしても1,500人の観衆というのでは誰のためにもならない…そういう状態であれば、それはNBAにとっても、ニューオルリンズにとっても好ましくはない…」とも発言している…

何もかもが破壊されてしまったような状態から、路面電車が走るまでに…これは希望が持てるが、まだまだ様々な課題を解決して、状況を好転させて行かなければならない…


北海道新聞
路面電車が運行再開 被災のニューオーリンズ

 【ニューヨーク18日共同】ハリケーン「カトリーナ」が上陸した8月以降、止まったままとなっていた米ルイジアナ州ニューオーリンズの路面電車が18日、約4カ月ぶりに運行を再開した。

 AP通信によると、同日の運行に使われたのはカトリーナ上陸前には35両あった路面電車のうちの6両。ミシシッピ川沿いを走る路線や、目抜き通りのカナル通りを走る路線を、赤いリボンで飾られた、観光客にも人気の電車が行き来した。

 交通当局によると、車両の安全確認に加え、運転士が市に戻るのを待っていたため、再開に時間を要したという。

 路面電車は、ニューオーリンズを舞台にした米国の劇作家テネシー・ウィリアムズの戯曲「欲望という名の電車」の題名の由来になったことでも知られる。

共同通信
人口50万人が6万人に ニューオーリンズ

 【ニューヨーク16日共同】今年8月のハリケーン「カトリーナ」上陸で壊滅的な被害を受けた米ルイジアナ州ニューオーリンズ市の当局者は16日までに、被災前に人口50万人弱だった同市で現在暮らす住民は、わずか6万人に激減したことを明らかにした。日中時間帯の人口も12万人にとどまっている。

 市の8割が一時冠水、家屋が損壊し帰宅できなくなっているのが最大の原因。被災から3カ月半が過ぎても復興が進んでいない現状を示しており、「われわれはニューオーリンズを失いかけている」(米紙ニューヨーク・タイムズ社説)と、復興を悲観する見方が広がり始めている。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
がんばれニューオーリンズ
こんにちは。コメントありがとうございました。
ニューオーリンズの復興にはかなりの時間がかかりそうですね。あたたかいニューオーリンズの人たちが町に戻ってくるのはいつになるのでしょうか。
市の復興のマスタープランも明らかではないですし、被災した市民は難しい決断を迫られているのではないかと思います。
【2005/12/26 22:43】 URL | みずのと #-[ 編集]


>みずのとさん

コメントありがとうございます!!
ニューオルリンズは、想像以上に大変で、元の姿を取り戻すには相当な時間を要すると思いますが、応援したいです…
【2005/12/27 20:37】 URL | wakkanai097 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。