NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


届かなかった手紙が…
12月1日、ニューオルリンズ地区の郵便局が“カトリーナ”のために“未配達”となっていた郵便物の配達を開始したと、地元ニュースサイトが伝えている。水害で郵便局にあった郵便物がダメージを被ってしまったが、それらを乾かして消毒し、ニューオルリンズ地区の各市(ニューオルリンズ、プラケミン、セントバーナード、キャメロン郡)へ配達する。

「非常に時間が掛かるものであったが、必要な作業を行っていた。皆様に御不便を掛けてしまい、申し訳ない…」とニューオルリンズ地区を管轄するルイジアナ州の郵便ではコメントしているようだが、如何に傷んでいるものではあっても、大水害前の手紙が届くことに関して、喜ぶ人は居ても、不満を表明する人は少ないようにも思えるのだが…方々に散在していて、様々な状態にあった、集められて未配達の郵便物を作業場へ運び込み、配達に向けて作業を行うと一口には言うが、かなり骨が折れる作業であることは想像に難くない…

もしかすると…他界してしまった方に宛てられたものや、完全に破壊されてしまった住所に宛てられたものもあるのかもしれない…しかし、郵便で送られる、書簡や葉書や贈り物には、人々の心と心を繋ぐものも多くある…骨の折れる作業を進めた関係者は、そうしたものを尊重しようと努力したのであろう…

郵便物の中には、数週間も水の中に浸っていて、手の施しようが無いものも混ざっているという…こうしたものに関しては、郵便監察の監督下で書簡にある個人情報に留意しながら慎重に処分してしまうことになるようだ…

“カトリーナ”に配達が阻まれてしまった郵便物…一つでも多く、それらに込められた思いが宛先に無事に着けば良いが…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。