NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

08 | 2006/11 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


開幕4連勝!!!!
11月7日…オクラホマシティのフォードセンター…ハリケーン<カトリーナ>のお蔭でニューオルリンズのアリーナが使用不能となったホーネッツが“暫定ホーム”ということにして2シーズン目の初めての試合が催された。オクラホマのファンにとっては「初めての地元メジャースポーツのチーム」という型に期せずしてなったホーネッツはなかなかの人気で、昨シーズンのホーネッツにとっては嬉しい誤算であった…そのホーネッツが還って来たとあって、会場は19,164人の動員で“満員御礼”だ…

ホーネッツは絶好調と言って良い状態だ!!!開幕三連勝である!!!1988-89シーズンにシャーロットでホーネッツの歴史が始まって以来、“開幕連勝”という点に関しては三連勝がこれまでで最高である。この好調ホーネッツが迎えた相手は、「12年連続」というプレイオフ落選から免れようと、ドン・ネルソンヘッドコーチを迎えたウォリアーズである…

両チームの先発陣
Golden State:Troy Murphy, Mike Dunleavy, Andris Biedrins, Jason Richardson, Baron Davis
New Orleans:David West, Desmond Mason, Tyson Chandler, Peja Stojakovic, Chris Paul

ウォリアーズを迎えたホーネッツは、「フォードセンター限定」と見受けられる“OKLAHOMA CITY”のロゴが入ったユニフォームで登場した…ホーネッツの先発人は、とりあえずこの試合のオーダーが標準的なものになっているようだ…オフの補強で迎えたチャンドラーとストヤコヴィッチが加わり、昨シーズンの奮戦を支えたポール、ウェスト、メイソンも益々活き活きとしている!!

とりあえずは試合の流れだ…

TEAMS 1 2 3 4 TOTAL
Golden State 17 26 21 29 93
New Orleans 29 23 22 23 97


両チーム 各選手の得点
Golden State: Baron Davis 22, Monta Ellis 17, Anthony Roberson 15, Andris Biedrins 10, Matt Barnes 6, Ike Diogu 6, Troy Murphy 6, Jason Richardson 6, Mike Dunleavy 5
New Orleans: Chris Paul 22, Peja Stojakovic 18, David West 16, Desmond Mason 12, Tyson Chandler 10, Linton Johnson 7, Bobby Jackson 6, Rasual Butler 4, Cedric Simmons 2

両チーム 各選手のリバウンド
Golden State: Ike Diogu 8, Matt Barnes 6, Andris Biedrins 5, Baron Davis 4, Mike Dunleavy 4, Monta Ellis 3, Anthony Roberson 2, Patrick O'Bryant 1, Jason Richardson 1
New Orleans: Tyson Chandler 14, David West 11, Desmond Mason 9, Chris Paul 6, Bobby Jackson 5, Linton Johnson 2, Cedric Simmons 2, Rasual Butler 1, Jannero Pargo 1, Peja Stojakovic 1

序盤はウォリアーズに沈黙を強いた感さえ漂ったが…嘗てホーネッツに在籍していたバロン・デイヴィスが気を吐き、ウォリアーズの若手各選手が果敢な戦い振りを見せた中、彼らは追い付いた!!ホーネッツ各選手が厳しくマークして大人しくさせてしまった感もある、“ダンク王”ジェイソン・リチャードソンが、3点シュートを決めてウォリアーズは逆転に成功した…

しかし!!ここで寄り切られてしまわないのが、ホーネッツの好調たる所以だ!!昨シーズンはサクラメントに居て、開幕戦で「ホーネッツ熱烈歓迎!!」のムードに湧き上がっているところに乗り込み、大敗を喫した想い出を持っているストヤコヴィッチが、機体に応えるシュートを続々と繰り出して点差が広がるのを防ぎ、最期はポールの得点でリードを奪い返し、そのまま逃げ切ったのだ…

この結果…ホーネッツは開幕四連勝!!現在の時点で、四連勝はホーネッツの他はユタだけである…何か凄いことになっている…

ホーネッツを応援するブログを綴っているが…実は私は「馬○…」とまで言われてしまいそうな程のウォリアーズファンだ!!!両者の戦いは、何時も多少複雑な想いで見詰める…“カトリーナ”のダメージから立ち上がろうとする地域を盛り上げて欲しいと、ホーネッツに注目した…当時、ホーネッツは「僅かに18勝…」という散々なシーズンの後でもあった…それが…困難を乗り越えてここまで台頭してきたのだ…ウォリアーズも負けてはいられない…

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。