NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


We are improving day by day and hopefully we continue to learn...
11月最後の日…ホーネッツは、15,603人のファンが集まるデンヴァーのペプシ・センターに乗り込んだ…11月16日のオクラホマシティーでの対戦では、圧倒的な力を持つ若きスター、カーメロ・アンソニーを擁するデンヴァー・ナゲッツに押され気味の試合になってしまい、敗れてしまっていた…「今度は!!」と期するものを胸に、ホーネッツはやって来た…

ニューオルリンズの華麗なるカーニヴァル、“マルディグラ”をイメージしたという、鮮烈な色のユニフォームで登場するのも3戦目となったホーネッツ…若干の問題は、先発フォワードのボスティヤン・ナックバーを負傷で欠いてしまっていたことだった…前の試合、対ウォリアーズ戦で左膝を傷めてしまったのだった…長期欠場を余儀なくされるようなものではないという…「私は彼を先発させるのが良いと思った…この数試合、彼は良くやっていて、先発に相応しい力を発揮していたと思う…良い機会だったかもしれない…」とバイロン・スコットヘッドコーチが先発起用を決めたのは、デズモンド・メイソンだった!!#24を負うメイソンは、対シアトル戦では28分間出場して14得点+7リバウンド、対ウォリアーズ戦では25分間出場して10得点+6リバウンドで、なかなか調子を上げていたのだ。

ホーネッツは、このメイソンとデイヴィッド・ウェストをフォワードに、クリス・ポールとJ.R.スミスをガードにそれぞれ据えて、P.J.ブラウンがセンターに入るという先発陣で試合に臨んだ!!

という状況のホーネッツに対し、デンヴァーもまた問題があった…あのアンソニーが負傷欠場してしまったのだ…前の試合、対ニュージャージー戦で左足首を傷めてしまったのだ…更にその試合の際、昨シーズン途中から登場し、前半は不振だったデンヴァーを盛り上げ、プレイオフへ導いたジョージ・カールヘッドコーチが出場停止処分を喰らってしまった…2試合の処分の最初の試合が、この対ホーネッツ戦となったのだった…対ニュージャージー戦でデンヴァーは敗れてしまっていた…デンヴァーはこうした状況下、ヘッドコーチ代行ということになったスコット・ブルックスアシスタントコーチの采配と、他の選手の奮闘で何とかホーネッツから星を奪っておきたいところだった…

この両者の対戦…下記のように推移している…

1 2 3 4 T
Hornets 24 31 27 20 102
Nuggets 28 26 23 18 95


第1クォータでデンヴァーが若干先行したものの、以降はホーネッツが彼らを押さえ込んだ型である…

「“アドヴァンテージ”がこちらにあった状況だったとは思う…向こうはカールコーチやアンソニーがもたらす、大きなものが得られない訳だから…掛け値なしに“勝てる”と思っていた…うちのチームらしさが出た試合を出来たと思う…」と言うのは、先発起用の期待に大いに応え、ホーネッツを牽引したメイソンである。10/17という高い決定率のシュートと、6本のフリースローを加えて26得点を挙げ、リバウンドも7だったメイソンだが、彼は26得点中21得点を後半に叩き出した!!この活躍で、ホーネッツはデンヴァーを“追う立場”に押し込めて試合を終えることが出来たのだ!!

「メイソンは信じられないようなプレイをしていた…彼が僕達を持ち上げてくれたと思うよ…」と言うのは、“6番目の男”、スピーディー・クラクストンだ。メイソンへの讃辞を惜しまないクラクストンだが、メイソンは40分19秒間出場に対し、彼が23分56秒間の出場であることを勘案すると、19得点+6アシストは凄い…「僕の役割は判っている…だから毎試合、力一杯やっている…今回の遠征は凄いね!!僕達は日々、1試合毎に良くなっている!!もう少し学び続けたいね…」とクラクストンは、自分自身とチームの様子に“手応え”を感じているようだ。

ポールは10得点+9アシスト+8リバウンドだった…このポールの様子…クラクストンが言うような“進歩”を感じさせる…何か遠からず、簡単には出来ない“トリプル・ダブル”(三部門二桁)が見られるような気もしてしまう…

ホーネッツの11月は7勝7敗…何か最近は、「例外的なまでに酷いものを引き合いに…」と若干心苦しいのだが、昨シーズンの“7勝目”は1月22日のことだった…そして敵地デンヴァーで勝利したことで、アウェイの勝ち星も4つ目である。昨シーズンの“アウェイ4勝目”は、シーズン終盤の3月22日だった…

「うちのチームは“正しい方向”に向かっている…それが私が目指したいものなのだ…うちは“若いチーム”なんだ…このまま研鑚を続けるだけだ…」とスコットヘッドコーチは言っている…何かホーネッツは試合を重ねる都度に成長しているように見える…何か、少し楽しみになってきた!!

既に御紹介もさせていただいているが、この楽しみなホーネッツの次の試合…対フィラデルフィア戦が渋谷区に本部を構える某団体の“BS1”でオンエアーだ!!

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


【速報!!】11月の勝率5割!!
詳しいことは、また後刻…とにかくお伝えしたい!!!

11月1日に始まった2005-06シーズンが丁度1ヶ月経過した…

“希望”というものもかなり入っているであろう、各方面の“予想”、“評価”というものは、ホーネッツに関しては、精確なものではなかった…

7つの勝ち星の相手…サクラメント、ヒューストン、アトランタ、オーランド、ミネソタ、シアトル、デンヴァー…この中で、各方面の“予想”、“評価”の中、ホーネッツと同等かそれ以下のもの…多分一つだけであろう…ホーネッツはこれら7チームから勝ち星を得たのだ!!

Nov. 1 New Orleans 93, Sacramento 67
Nov. 2 Cleveland 109, New Orleans 87
Nov. 5 New Orleans 91, Houston 84
Nov. 9 Orlando 88, New Orleans 83
Nov. 12 Dallas 109, New Orleans 103
Nov. 15 Miami 109, New Orleans 102
Nov. 16 Denver 91, New Orleans 81
Nov. 18 New Orleans 95, Atlanta 92
Nov. 19 New Orleans 98, Orlando 95
Nov. 21 Philadelphia 103, New Orleans 91
Nov. 23 New Orleans 84, Minnesota 80
Nov. 26 New Orleans 105, Seattle 99
Nov. 28 Golden State 99, New Orleans 83
Nov. 30 New Orleans 102, Denver 95


ホーネッツが属する“サウスウェスト”の地区内順位は、下記のようになっている…

TEAM W L PCT
San Antonio 11 3 0.786
Dallas 10 4 0.714
Memphis 10 5 0.667
NO/Oklahoma City 7 7 0.5
Houston 4 11 0.267

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。