NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニューオルリンズでメジャースポーツはやっていけるのか?
“カトリーナ”からの復興…長く時間も掛かるのだろうが、ニューオルリンズを本拠としていたメジャースポーツのチームは、“暫定ホーム”に拠りながら、なんとかやっている…

NFLのセインツはサンアントニオを、NBAのホーネッツはオクラホマシティを各々の“暫定ホーム”としている。それぞれに温かく迎えられていると言って良いであろう…

それは結構だが、「ポスト“カトリーナ”のニューオルリンズ」で、メジャースポーツのチームを巧く運営していけるのか否かという問題が、関係者の意識の中に浮かんでいるやに見受けられる…

ニューオルリンズは50万人もの定住人口を擁する、ルイジアナ州最大の都市だった…しかし、そういう大都市に戻るまでには時間が掛かりそうだ…住宅が不足している…それを何とかしなければならないのだ…

メジャースポーツのチームを賄う…それには核となる本拠地都市の人達を軸に、一定の観客動員が行えることが大前提になる…「ポスト“カトリーナ”のニューオルリンズ」は、「観客動員が可能な都市か否か?」が問題なのだ…

NBA…ホーネッツのジョージ・シンオーナー…シャーロットからニューオルリンズへチームを移した…ニューオルリンズへ移るにあたっては、アリーナの新設なども含め、非常に大きな市や州の援助を引き出した…

NBAのリーグとしても、ホーネッツのオーナーにしても「ニューオルリンズに何とか…」という姿勢ではある…アリーナは、早ければ2月末には使用可能になるという…だが、アリーナに観客は集まるのだろうか?そこが問題なのだ…

ホーネッツは人気が高かった選手やコーチを巧く引き止められなかったり、昨シーズンはチーム史上最悪の成績に低迷するなどしてしまった…そういうこともあり、昨シーズンの1試合平均観客動員は14,221人と、リーグの30チームで最低だった…

“暫定ホーム”のオクラホマシティ…現時点では、プレシーズンの2試合と開幕戦のみの開催だが、昨シーズンの平均観客動員を軽々と超えている…

これから来シーズン、更に再来シーズンということを考えると、ホーネッツのオーナーは「オクラホマシティ移転!!」を叫び出し、リーグも一定の理解を示すようにならないとも限らない…オーナーは「より優遇してもらえる本拠地」を求めて“駆け引き”に出るかもしれない…

そしてNFL…セインツは既に30年以上もニューオルリンズを本拠地としており、熱心なファンも多い…だが、「ポスト“カトリーナ”のニューオルリンズ」がチームを支えられるか否かはNBA同様に不明だ…

NFLの場合、ウィスコンシン州のグリーンベイ・パッカーズ、ミネソタ州のミネソタ・ヴァイキングスというように、本拠地都市と言うよりも“広域”のファン層で支える運営というものもある…そうなってくると“ルイジアナ”、“ガーフ・コースト”(メキシコ湾岸)というフランチャイズのセインツも在り得る…

或いは、“暫定ホーム”のサンアントニオに移ってしまう展開もある…サンアントニオの側は何らの異存もない…

更に…「ロサンゼルス移転」という大技もある…ロサンゼルスにチームを置きたいというのはNFLが「リーグ全体の戦略課題」と考えていることでもある…スタジアムのことや、政治的なことでNFLが空白になってしまっているロサンゼルスだが、NFLの試合を開催すれば、相当な観客動員が期待出来る巨大都市圏だ…幾つかのチームに関して「ロサンゼルス・○○○…」説もあったようだが、各チームは各々の本拠地で巧くやっているので、実現はしなかったようだ…「或いは“ロサンゼルス・セインツ”」は、状況が状況だけに“あり”かもしれない…

さて…「ポスト“カトリーナ”のニューオルリンズ」でメジャースポーツがやっていけるのか否かが疑問になっているが、過日のバトンルージュで“事件”があった…

ルイジアナでは賄えないと、セインツがニューオルリンズを去る可能性は既に示唆されていた…それでも「何とか!!」とセインツ側はルイジアナ州バトンルージュで試合を催行した…その際、スタジアムに現れたオーナーに“熱過ぎる”ファンが群がり、一寸した騒ぎになったというのだ…後日オーナーがリーグの幹部に、その“酷い目”があって「自分はバトンルージュには二度と行かない…」旨のメールを認めたという…それが公表された…後段に御紹介する…

この“事件”は今後にどう影響するかは判らない…

「ポスト“カトリーナ”のニューオルリンズ」だからこそ、“地元チーム”の奮起と善戦で地域を盛り上げてもらいたいものだ…しかし、これもまたビジネスである…

■READ MORE■
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。