NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


A familiar script for the Hornets...
10月23日…“暫定”ではあるものの、オクラホマシティとしては、初めて地元を“ホーム”とするメジャースポーツの試合が催された…ホーネッツがデンヴァーを迎えて、プレシーズンの試合を行った!!

オクラホマシティのフォードセンターで、街の歴史に刻まれる一戦の“目撃者”たらんと集まったファンは14,575人…昨シーズンのホーネッツがニューオルリンズでシーズン中に動員した観客の、一試合平均よりも約250人多い!!来るシーズンの35試合が開催される、オクラホマシティのファンの期待の高さが滲む!!

熱い期待で集ったファンの眼下の床には、ホーネッツのロゴマークの上に“Oklahoma”、下に“City”と“ホーム”の名前が入ったセンターサークルがお目見えした!!胸に“HORNETS”と少し大きめのロゴが入った白いユニフォームの“ホームチーム”の各選手と、淡いブルーのユニフォームのデンヴァーの各選手が登場し、ティップオフだ!!

地元の熱い声援に応えようと走り出したホーネッツだが、どうも思うようにシュートが決まらない…最初の25本のシュート中、19本が外れてしまうという状態だった…第1クォータは23対17と先行を許した…デンヴァーの先行はその後も続き、第2クォータも32対15と溝が開く…前半終了時で55対32…その差は23点…

前半の様子は、シュート決定率が5割3分のデンヴァーに対し、ホーネッツが2割3分と、最早“悲惨”な様相を呈していたが、地元の熱い声援に応えるべく、若きチームは後半に甦った!!!

第3クォータは20対33と盛り返し、第4クォータは「あと1本で同点!!」まで詰め寄って果たせず、22対28と先行したものの及ばなかった…97対93…敗戦である…大きな失点をしてしまい、後半に猛然と追い上げるものの、結局逆転には至らない… これがホーネッツの「何時ものパターン」という状態になってしまっている…

ホーネッツでは超有望新人のクリス・ポールが26得点+5アシスト+10リバウンドとかなり魅せた!!

先発はしなかったが、スピーディー・クラクストンが元気なところを見せた!!21分間出場で14得点である。

「活躍!!」というお話しになると、デンヴァーの側ばかりで、ホーネッツの側は「シュートが入らない…」という話しばかりが気になる…

デンヴァーは、プレシーズンの第1戦でホーネッツに敗れたが、以降は5連勝となかなか好調だ。対するホーネッツは、デンヴァーに勝利を収めて以降、白星が無い…

追い上げて、それで魅せても、勝てなければ悔しい思いが深くなるだけだ…プレシーズンでのこうした思いをバネに、ホーネッツには羽ばたいてもらいたい!!
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


先行したものの…
NFLである…

セインツはセントルイスへ飛んだ…セントルイス・ラムズとの対戦だ。ラムズは1937年にクリーヴランドで起こり、1946年にロサンゼルスに移った。1995年、ロサンゼルスからセントルイスに移っている…(オークランドのレイダースもロサンゼルスを本拠地にしていた時期もあったが、オークランドへ戻ってしまったため、現在、ロサンゼルスにはNFLチームは無い…)

敵地での試合ながら、第1クォータのセインツは2本のタッチダウンパスが通り、14対0とリードした!!

これに対し、セントルイスは第2クォータに走り、1本のタッチダウンを奪い、14対7とした…

第3クォータは両チームの攻撃が奏功せず、得点は14対7で動かなかった…

第4クォータ…セインツがフィールドゴールの3点を加えたが、セントルイスは2本のタッチダウンを奪って17対21と逆転した…反撃を試みたセインツであったが、残り2分18秒、パスの“インターセプト”を喫してしまい、ボールを掴んだセントルイスの選手が67ヤードを駆けてタッチダウン…28対17…止めを刺されてしまった…

なかなかセントルイスのファンを沸かせる展開になったが、この試合を終えてラムズは3勝4敗とし、NFC西地区の2位になった…

セインツはこの敗戦で2勝5敗…NFC南地区で4位…1位のタンパベイが5勝、アトランタとカロライナは各々4勝…一寸苦しい展開であろうか…

セインツは「惜しい内容」が続いている…しかし、勝負事では勝敗がハッキリと分かれてしまう…頑張れ!!

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。