NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人が居ない…
災害で何処かの地域が壊滅的な打撃を被る…そうすれば、その後始末をしたり、後始末の後に再度開発を行う際に仕事が発生する…喫緊のものでもなければ、「再度開発…」という次元の話しは数ヶ月や数年、何も行われないかもしれないが、後始末次元の仕事は、災害直後から暫くはある…

「仕事があるから人が居る」…「人が居るので仕事を起こす」…どちらも正しいかもしれない…大概の地域は何れかの問題意識を持っている筈だ…が、“今のニューオルリンズ”では、その何れでもないことが発生してしまっている…「仕事はあるが人が居ない」のである…国や地域の経済が急激に成長するというような場面で“人手不足”というのが見受けられるが、ニューオルリンズはそうでもない…“カトリーナ”被害からの復興で、仕事は幾らでもあるが、地域に住むことが難しいため、手を挙げる人が見当たらないのだ…薬物に侵されているなど、余程酷い状態でもない限り、手を挙げれば直ぐにでも人手を雇う状況ではあるようだが…

「皆で戻って復興…」とは考えても、4割もの避難民が「戻らない…」、「戻れない…」と考えている話しもある…“カトリーナ”被害で「知名度が上がった!!」などと考え、「そこにチャンスが…」と考える人もこれから現れるかもしれないが、“人手不足”にならざるを得ない状態は困ったものだ…

自然災害…色々な意味で人の意思や、コントロールを超えるものではあるが、何か“天罰”的な受け止め方が米国内でもあるらしい…

「早くも」と言うべきか、「未だ…」と言うべきか、“カトリーナ”から間もなく2ヶ月である…


■READ MORE■
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。