NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太平洋を越え…
“カトリーナ”により、ニューオルリンズの港が大きな被害を受けたという話しになった際、物流への影響が懸念された…

食糧輸入国である日本だが、ニューオルリンズは、そうした物が大量に積み出されている港の一つなのだ…

その“カトリーナ”の後、港は何とか積荷を送り出すことが出来るようになっている…その積荷が北海道にもやって来た!!一寸話しをメモしておきたい…

北海道は乳牛の肥育など、畜産系の盛んな地域であるが、それら家畜の飼料も大量に仕入れている地域である。今回ニューオルリンズから太平洋を越えて入って来たのは、こうした飼料の原材料となる物のようだ…

話しは少し趣を変えるが、家畜飼料も“食糧の一部”とも言えることを思うと、日本の食生活は随分と外国との交易に依存していることに思いを巡らせてしまう…


■READ MORE■
スポンサーサイト

白星スタート!!!!!
デンヴァーへ飛んだニューオルリンズ・ホーネッツ(オクラホマシティ)の面々である。チームでは、“地元”のSNUの施設を借り受けることが叶い、とり急いで決めたコロラド州でのキャンプを、そのSNUで行っていた…「第一級のアリーナを有しながら、“空き”が多い」ということがあってオクラホマシティが“地元”になった訳だが、オクラホマシティのイメージアップ(10年前に不幸な事件もあった土地である…)、経済効果、将来のメジャースポーツ誘致への布石など、様々な思いもあるであろう状況下、「“カトリーナ”の被害を受けた地域が、地域としての“力”を取り戻していく一助に!!」という思いもあって“地元”はチームを支援しているのだ…そうした思いに対しては「応えたい!!」という思いを、チームの誰もが抱いていることであろう…

ホーネッツは、「チーム史上最低」であった、僅かに18勝という状態で昨シーズンを終えている…(“NBA史上最低の勝ち星”という不名誉な記録を免れたという話しが、日本のスポーツ紙にさえ載る程だった…因みに、そのニュースの際、勝ち星を献上したのがウォリアーズだった!!その日は何か妙に悔しく、眠れなかったので、ウォッカを1杯飲み干してから休んだ記憶がある…)ホーネッツとしては「今季は!!」と“期するもの”も熱い筈だが、ニューオルリンズやルイジアナ州、更にオクラホマシティの大勢の人達の思いを受け止めて、“マイルハイシティ”へ乗り込んだ筈だ…シーズンへの備えも“仕上げ段階”のプレシーズンの試合に突入…そしてこのデンヴァーでの試合は、そのプレシーズンの第1戦なのだ!!

終にやって来てしまったプレシーズンの第1戦…相手は、昨シーズンの後半に“驚異の勝率”で飛び出し、前半の不振を振り払ってプレイオフに駆け込んだデンヴァー・ナゲッツ…「不足はない!!」と息巻いてみたいが、なかなか手強い相手かもしれない…「どうなるのだろう?」と見守ったが、結果は上々だった!!100対90!!ホーネッツの勝利だ!!

プレシーズンの試合というものは、“実戦”で攻守の動きを確認したり、選手の技術到達度を試したりというようなもので、勝敗に一喜一憂してどうなるものでもない…ただ、「とにかく勝てない…」という状況だったシーズンの後であるので、与し易い訳でもない相手を向こうに回しての1勝は、大きな力になることは間違いないであろう!!

ホーネッツでは、昨シーズンはマイアミの控えに甘んじていたラスアル・バトラーが19得点と最多得点だった他、各選手が競うように良さを発揮し、終始優位に試合を運ぶことが出来た。ボスチヤン・ナフバーの16得点、JRスミスの12得点というのも目立つが、新人ポイントガードのクリス・ポールが6得点+7アシストと「即戦力!!」を強くアピールしたのが目を引く!!

他方デンヴァーは、カーメロ・アンソニーが17得点を挙げた他、各選手が試合終盤に食い下がりも見せたが、今一歩及ばなかった…

ニューオルリンズ・ホーネッツ(オクラホマシティ)…これは吉兆かもしれない!!

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


映画まで…
“カトリーナ”は米国社会が抱える様々なものを白日の下に晒すという側面があったかもしれない…それを巡って、映画が制作される話しになったようだ…

一寸覚えておきたい…


■READ MORE■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。