NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不安だらけの帰還と復興予算と…
過日、かなり久し振りに高校の級友と旧交を温める機会があった…御厄介になっていた高校がある街で同窓会というのではなく、地元でである…同じ街に居ることが偶然に判り、一寸呑んだという次第だった…互いに何故、今住んでいる街に居るのか?仕事があるからに他ならない…

こういうことに思い至ったのは、“カトリーナ”後のニューオルリンズの話題がまた届いたからに他ならない…18万人は帰還するであろうとの予想を大きく下回る8万人が街に戻ったという…結局、「新しい土地で仕事を始めよう…ニューオルリンズには、当分働く場所も…」という判断をする人が多いのだと思う…

帰還…少し早かったのかもしれない…電気や水道と言った、生活に欠かせないものの復旧も万全ではなく、衛生や治安の不安は未だ大きいらしい…

復興に向け、「何を優先するのか」ということに直結する予算の論議も活発になってきた…何とか働く場が出来なければ、“福祉依存”になってしまうであろうし、と言ってそれを縮小してしまっても、当面は働く場など出来る訳でもないであろう…難しい…

益々目が離せない…


■READ MORE■
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。