NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


益々気になるお話し…
“カトリーナ”を巡るさまざまな写真が国内の新聞にも載り、映像がテレビにも多く流れた中、「“アメリカ発”の報道写真や映像という感じがしない…」と友人などと話しあっていた頃から1ヶ月…情報は少なくなった…ある意味では、惨状の始末が行われているところで、若干落ち着いたという見方も出来る…若干落ち着いたのであれば、街を復興したり、新しい仕事を何処かで見付けて再出発したりという、人々の動きを見守り、応援したいが…少しずつ、ニューオルリンズへの住民の帰還も始まっている…

ハリケーン被害で様々な動きが停滞し、多少困ったことになっている一面もあるが、これから年末、更に来年にかけて復興が本格化するようになれば、一種の“復興景気”で雇用機会等も発生し、経済には悪くない影響が及ぶという見方もあるようだ…それはそれだ…

一連の“カトリーナ”関係の動きで気になったことが幾つかあった…

老人ホームでまとまった数の死者が発生したというような事態…これには愕然とした…実は9月前半、たまたま高齢者が多く入院している病院というものを見た…大勢の人が、歩くことが不自由で、ベッドの脇に車椅子が置かれているような場所だった…こうした場所で火災や、地震や水害が発生したら…「大変なことになる!!」と思ったが、“カトリーナ”ではそれが起こってしまったのだ…こうした何かあっても簡単に走って動けない人達を多く抱えるような場所の防災…ニューオルリンズなど“カトリーナ”被害が発生した場所のみならず、世界中の街で考えてみる必要があるように思う…関係者の皆さんも必死なのだろうが、多くの死者が発生してしまい、身元の特定もかなり難航しているようだ…

略奪の多発…食料などが届かない中、止む無く食料品店の品物を持っていったという事例も多いのだろうが、“火事場泥棒”に類する卑劣な犯罪が頻発し、どさくさに紛れて金目の品を持ち出した警察官まで見受けられたという…困った話しだ…こうした事案に、ニューオルリンズの警察は詳しく調査して、厳しい対応をするようだ…災害による損失以上に、こうした問題が人々の心に残す傷は大きいような気がする…

“黒人差別”の論議…事前避難をし損なったニューオルリンズの人達の中に、黒人が多かったことで起こったお話しだ…何か、「“差別”は根強い!!」という緊張感を米国社会にもたらしたお話しだ…直接に災害と関係の無い場所で、こうした関連で「不適切!!」のブーイングが起こる有力者の発言などもあり、一寸した騒ぎも起こっているようだ…

「非難や抗議をするよりも、人々の寛容さや気遣いを主に考えて表現していくことが大切…」というのは、“カトリーナ”被災地域への義捐金に話題が及んだ際の、ロックミュージシャン、ジョン・ボン・ジョヴィの発言だそうだが、気になる問題が色々と残る中で思い起こさずにはいられない…


■READ MORE■
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。