NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“風速”…
“カトリーナ”は最大で秒速70メートルという風速を記録したらしい…70メートルという風速は想像さえし難い…拙宅から見える場所にも“風力発電”がある。これは周辺10メートル四方を1メートル以上掘り下げてコンクリートで固めた基礎の上に巨大な風車を建て、それが風で回転する際に発電を行うという物である。この風力発電は、風速25メートル以上になると、発電用タービンが焼け切れるので停止するように制御されていると聞いたことがある。25メートルというのは「強力な台風の影響で吹くような、相当な強風」という話しで、年に何度も吹く訳ではない水準らしい…そんな水準の3倍にもなるかという風…恐ろしい…

この恐ろしい風に雨が加わり、様々な災禍が発生しているのだが、今、「責任のなすり合い」というような現象が起こっていて、「人々の心が引き裂かれるかもしれない」という災禍の芽が出ているような気がしてならない…こういう時だから、“暫定ホーム”で奮戦する地元スポーツチームにでも勇気をもらいながら、「何とかしてみよう!!」と街の復興に取り組んだり、新しい機会をつかんで新しい暮らしを始めたり、それをしなければならないような気がする…“綺麗事”に過ぎないだろうか?

恐るべき暴風で、政権への支持率もかなり吹き飛ばされてしまったようだ…「責任のなすり合い」というような現象の中、「何もかも手緩い!!ハッキリと○と×を!!」というような、中立的な独立機関を設けて“責任”の話しに決着を付けたいという世論も起こっているようだ…甚大な被害で滞った様々なものによるダメージが、転んで打った箇所が翌々日に少々痛いこともあるように、少し経ってから大きな影響を及ぼし始めている…“眼前の惨状”は一定の落ち着きを見せ始め、情報量も減った“カトリーナ”の話題ではあるが、注目は続けるべきだと感じる…


■READ MORE■
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。