NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プレシーズン!!!
公式サイトに“暫定ホーム”での開催を加えた新しいプレシーズンの日程が掲載された!!これを写しておきたい!!

日本時間では、例えば“Oct.13”が10月14日というように、1日違うのだが、これらの日付をチェックしておきたい!!

Date Day Opponent Arena City Tip-Off*
Oct. 13 Thu at Denver Pepsi Center Denver, CO 8:00 p.m.
Oct. 15 Sat at Orlando St. Petersburg Forum St. Petersburg, FL 6:30 p.m.
Oct. 18 Tue vs. Atlanta ALLTEL Arena Little Rock, AR 7:00 p.m.
Oct. 20 Thu vs. San Antonio CenturyTel Center Bossier City, LA 7:30 p.m.
Oct. 23 Sun vs. Denver Ford Center Oklahoma City, OK 6:00 p.m.
Oct. 25 Tue vs. Miami Maravich Assembly Center Baton Rouge, LA 7:00 p.m.
Oct. 27 Thu vs. Houston Ford Center Oklahoma City, OK 7:00 p.m.
Oct. 28 Fri at Atlanta Columbus Civic Center Columbus, GA 6:00 p.m.

* All Times Central

スポンサーサイト

“責任問題”?
“カトリーナ”に“リタ”と、大きなハリケーンが通り過ぎた…“カトリーナ”が酷いことになり、“リタ”の際は、新たな問題もあったものの事前避難を行ったり、色々と支援体制を整えた…そのお陰か、人的被害は比較的軽微なものに終始した…が、屋内で発電機を使用するなどしたことが原因と見受けられる死者が発生した…

ニューオルリンズなどの被災地では復興に向けて作業が進むが、他方で“責任問題”が論じられ始めている…“カトリーナ”の被災後対応が批判を受け始めた頃、その辺りを問うレポーターに対し、大統領が「非難合戦でもしようということか!?」と所謂“逆ギレ”に近い反応を見せていた…大統領はその後、「私の責任…」と言い始め、何度も現場視察に訪れている…

“カトリーナ”を巡っては、災害対応を行う連邦政府の部局であるFEMAの局長が「実質的に解任?」というような状態で辞任した…そしてその前局長が公聴会に呼ばれた…率直に思った…「今でなければならなかったのか?」ということである…“カトリーナ”を巡っての、FEMAの仕事の“実際のところ”はよく判らない…が、何か「生贄づくり」の公聴会と、前局長側の「俺一人を悪者か!?方々に“問題”はあったじゃないか!!」という“生贄化”への激しい反発が露呈されているだけのように思う…こういう営みが有益なのだろうか?

色々と考えさせられる状況だが、ニューオルリンズでは警察署長が辞任した…警察には、こうした災害時に色々な役目があり、それを全うする責任というものもある…しかし、警察の関係者もまた被災地域の住民である以上、「責任!!」を厳しく問うのは酷というもののように思う…他の大勢の住民同様、自宅が大変なことになったり、家族の身に何かがあったり、自分自身が水害の渦中で身動きできずに困り果てていたりしたのだ…

何か、災害後のこうした“責任問題”の話しで「何とか復興!!」と力を合わせようとする人々の間に“心の溝”のようなものが生じることを、少し危惧してしまう…


■READ MORE■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。