NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・ラジオ…
以前に取り上げた話題だ…アストロドームで被災者向け情報を発信しようとしていたラジオKAMPだが、各方面の支援を受けて9月16日から活動を本格化させたようである…

「どんな放送?」とも思うのだが、オンラインで聞ける仕掛けは“coming soon”になっている…
スポンサーサイト

またか?
少し前の日本の台風で、台風の通り道となった地域よりも、山を隔てた側の地域に信じられない程の雨が降り、地盤が緩んで大きな被害が発生したということがあった…大型の低気圧は、そういうこともあるので厄介だ…

“カトリーナ”の余りにも大きな被害は、復興にも大きな時間を要する規模になっているが、それに“追撃”が加えられるような危惧が発生している…スポーツの試合では、少し差をつけた場面で更に得点を重ねて勝利を確実にするというのもよくある場面だが、こうした自然災害での“ダメ押し”的なものは、迷惑この上ない話しだ…彼の地で幾つか発生している大型低気圧だが、“リタ”というのが、厄介なことを仕出かしてくれそうだという話しになっている…ニューオルリンズなどは、堤防の決壊で水に浸かって困っていたところに立ち直りの兆しが見えていたが、「“リタ”に起因する大雨で、また厄介なことに?街に人を戻すのを延期しよう…」という事態になってしまった…日本の台風の例でもないが、ニューオルリンズは“リタ”の予想進路から若干逸れていても、「影響による大雨」というものに見舞われてしまう可能性も高い…

自然災害そのもので何かが破壊され、甚大な被害が出てしまう…これは凄く残念ではあっても、「避け難かったのかもしれない…」という話しになるかもしれない…しかし、“カトリーナ”後のニューオルリンズなどで発生した様々な問題は、酷かった災害そのものに起因すると言うより、「対応の拙さで余計な苦しみが拡がった」という印象を拭えないものである…そういう声が広がっていることを踏まえてか、“リタ”に関しては政府が随分とがんばっている様にも伝えられている…少し穿った見方ではあるが…“リタ”の予想進路に相当するテキサスは、大統領の“地元”なので、政権の“面子”のようなものが対応に掛かっているのだろうか?

相次ぐハリケーン…これも少し考えなければならない話しなのかもしれないが、危険が迫っている中だ…“カトリーナ”を“反面教師”にして、「対応の拙さで余計な苦しみが拡がった」という状況が繰り返されることは避けてもらいたいものだ…


■READ MORE■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。