NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空港の再開…そして…
空港や港が使えない…普段は余り意識しないかもしれないが、“物の流れ”が深刻な影響を受けてしまう事態である…

ニューオルリンズでは、そんな状況が16日間も続いていた訳だが、ようやく定期便が復活した…ニューオルリンズは観光地でもあるが、気楽に立ち寄れるようになるには、かなり時間を要することであろう…だが、救援活動をする人達の移動や、他所の地域へ移る被災者にとっては「“足”が治癒した」という状況かもしれない…

被災地域では、住む家も仕事も失ってしまい、他所の地域に移って再起を図るという人も大勢居るのかもしれない…そうすることを余儀なくされているという人も、ある種の“悲憤”を胸に旅立つ人もある…

その“悲憤”を胸に旅立つ人の姿が紹介された記事を目に止めた…何処の国や地域にも、他所に居る人々や、たまたま立ち寄った人々には判り難い“暗部”のようなものはあるのかもしれない…“カトリーナ”で夥しい被災者が避難所に集まる様がテレビに映り、「何故黒人ばかりなのか?」というような話しが、国内外の方々から聞こえた…

米国の都市は、サンフランシスコとシカゴしか訪ねたことはないが、街を歩いてみると気付くことがある。地域が変わると、住民を構成する人種が変わる…シカゴではアジア系はかなり少数派で、私は「一寸目立っているのかな?」と思いながら歩く場面がしばしばだった…ところがサンフランシスコはアジア系が意外に多く、“街の人その1”というような顔をして、歩くことが出来た…自身の僅かな経験を引き合いに出したが、ニューオルリンズを含むルイジアナ州は黒人の比率が高い地域で、恐らく歩けばそれに気付く筈である…

私は、そういうことで「統計上、黒人比率が高い地域…故に被災者の姿に黒人が目立つ」と考えていた…しかし、それが全てでもない面があるのかもしれないということに思いを巡らせている…米国には、学校の社会の時間で話題になった“公民権運動”というような「人種偏見、差別との戦い」という歴史は間違いなくあった。そしてそれを何とかしようと努力を続けている…だが100%、誰もが納得するような状況に、簡単に至ることは出来ない…被災者で本当に困っている人の多くは、「ハリケーン接近中!!避難を!!」という話しになった中、自力で身を護る術を持たなかった豊かではない人々とも言える…そしてそれが、黒人住民と重なっていた…

そうしたことが、「真面目に努力をしても全く報われない!!それに不満を感じていたところで、災害に遭ってしまったが、まともな扱いを受けなかった…もう駄目だ!!他所へ行って…」と、悲憤と共に旅立つ人を産み出してしまったのかもしれない…或いは“カトリーナ”は、堤防を決壊させたのみならず、米国社会の、様々な人種が集まって構成している“社会の絆”というようなものにもダメージを与えたのかもしれない…


■READ MORE■
スポンサーサイト

非難や抗議をするよりも…
「非難や抗議をするよりも、人々の寛容さや気遣いを主に考えて表現していくことが大事」というのは、新作プロモーションで来日したミュージシャンのジョン・ボン・ジョヴィが、“カトリーナ”被災地に向けて義捐金を贈ったことに話題が及んだ中で語った言葉であるという…彼の言う「人々の寛容さや気遣い」というもの…これは拡がりつつある“支援の輪”を念頭に置いたものであると感じる…ポンと100万ドルもの寄附が出来るのは、彼のような“ビッグネーム”になっているミュージシャンや、著名なプロスポーツの選手や、途轍もない資産を持っている実業家等の限られた人達だが、各々「及ばずながら…」、「微力ながら…」と何か出来る場合もあるであろう…或いは何も出来ずとも、大災害で生じた困難に立ち向かおうと、不安と不満に溢れた状況下でもがいている人達が居ることを、忘れないようにしたいと考える…

「取材チームが着いた時、救援チームは未だ来ていなかった…一介の取材チームが辿り着ける場所に、“プロ”である救援チームが居ないのは何故なんだ?!」という主旨で、被災地域を訪ねた大統領に迫るマスコミに対し、大統領は「“非難合戦”をしたいのか!?それどころではない!!」というような言い方をしていたが、とうとう「政府の不手際で困難を拡げてしまったことは否定出来ず、政府の不手際は最高責任者の大統領の責任である」旨を認めたそうだ…既に、直接に災害対応の仕事を行う部門の局長が引責辞任もしているのだが…

今は、“支援の輪”を大切に育み、必要な仕事をどんどんやる以外に無い訳だが、少し落ち着いた辺りで、大きな“動揺”が起こるような気がしてならない…


■READ MORE■

#21 Jamaal Magloire
必ずしもテレビでNBAの贔屓チームの試合を、気の済むように観られる訳でもない状況下、たまたま見つけてしまったものがある…それはPontelというスイスの企業による、「米国メジャースポーツのDVD通販」というサービスだ…欧州のテレビの規格に合わせたDVDなので、テレビに繋いだプレーヤーでは観られないが、一応“リージョンフリー”なので、パソコンのドライヴで再生してモニターで観ることは出来る…“考え方”の問題だが、「結果は判っていても、映像を観たい!!それも繰り返して!!そして思い起こしてまた…」という試合は幾つかあるもので、実は何枚かPontelのDVDを入手して大切にしている…米国のテレビ中継をそのまま録画したもので、色々なものがある…コマーシャルもそのまま入っていて面白いが…

その中にウォリアーズがニューオルリンズを迎えて3度の延長を戦った、2004年11月の試合がある…ウォリアーズが、あの“ゴールデンゲート・オレンジ”のユニフォームで初登場した試合でもあったが、両者一歩も譲らない…両チームとも、開幕して早速「どうして勝てない!?」という状況で、「何とかしよう!!」という雰囲気が溢れていた試合だった…

この時のウォリアーズは、シーズン中に移籍してしまったクリフォード・ロビンソン、スピーディー・クラクストン、デイル・デイヴィスが先発していた…彼らと、ジェイソン・リチャードソンにマイク・ダンリーヴィーが軸になってニューオルリンズと戦っていたが、ホームのウォリアーズが濃い色のユニフォームだったため、白いユニフォームで頑張っていたニューオルリンズ側の中に「気になる…」選手の姿があった…それが#21のジャマール・マグローアだった…

中継の中ではジャマール・マグローアの、黒い地の上に、ニューオルリンズのチームカラーである青系の色を取り入れたお洒落なシューズもわざわざ画面に大きく映されていたが、プレイでも「なかなか手強いセンター」というような存在感を示していた…

このジャマール・マグローア…1978年5月21日生まれで出身地はトロントだ。211cm、117.5kgとなかなかの巨漢だ…大学はケンタッキー大学で、専攻はビジネスと、アフリカ系米国人研究だそうだ…学生リーグで記録した268というブロック数は、ケンタッキー大学の歴代第1位の成績ということである…NBAデビューは2000-01シーズンで、シャーロット、ニューオルリンズと一貫してホーネッツで活躍している。

2004-05シーズンは欠場する試合が多かった―23試合出場に止まった…―のだが、これまでに343試合に出場(この中、先発出場は194…)し、平均で9.5得点+7.4リバウンド+1.1ブロックという個人成績を残している。プレイオフは31試合の出場を経験しており、1度オールスターにも出ている!!2004-05シーズンは出場試合も少なかったのだが、PontelのDVDで観た対ウォリアーズ戦…自己最高の48分間の出場、自己最高の27得点、21回のシュートに、16回のフリースローと何れも自己最高という活躍だった…目立つ筈である…

このジャマール・マグローアは、自らの公式サイトも持っている。その公式サイトによれば、彼はオフには故郷のトロントを中心に様々な活動に勤しんでいるが、今般の“カトリーナ”を踏まえて、義捐金を募るチャリティーイベントも催すようだ…オールスターも経験している人気選手だが、公式サイトにはオリジナルの壁紙もある!!なかなか渋いものや、サインと様々な写真を組み合わせたものなどがなかなか気に入った!!

様々な思いを胸に、来るシーズンの試合に臨むニューオルリンズの選手達…拙作ブログでも御紹介させていただきたい…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。