NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“人材”…
NBAのようなプロスポーツ…殆ど“究極的”なまでに“人材”に依存する世界だ…能力溢れる選手、経験あるコーチ陣、集客にアイディアを発揮し、必要な選手やコーチを入団させる確かな眼を持った経営陣…これらが噛み合ってこそ、ファンに愛されるチームになっていく…

NBAのニューオルリンズ…シャーロット時代に色々と問題もあって、ニューオルリンズで出直したようだが、再建の途上で地元が未曾有の災害である…こんな時だからこそ、愛されるチームとして、人々に希望や勇気を与えられる存在に飛躍して欲しいと願って止まない…

プロスポーツ…私のような一ファンには、一部しか見えないが、何かその他諸々の、色々な業種の仕事の縮図を見るような感じがすることも無いではない。“人材”…例えばNBAのバスケットボールは、各ポジションの“一番手”を先発させながら、ベンチスタート組が要所で持ち味を発揮しながら勝利に邁進する。ヘッドコーチは選手の気質や、持っている能力を把握し、「行って来い!!頼むぞ!!」と選手を送り出し、「あいつ…今日は戦えないぞ…」と思えば引っ込めなければならない。こういうのはあらゆる仕事に当て嵌まる…

災害の対応…プロスポーツ程「人材次第でチームの成績は…」ということはないにせよ、自信を持って、災害から人々を救うことに矜持を持つ要員を現場に送り込む指揮官の“人材”は重要だ…

米国では所謂“猟官制”が一般的だ…転職が可能な、或いはし易い“労働市場”というものが確りしていることもあるが、官公庁の幹部職員は選挙公職の交代に伴って入れ替わる…“トップ”である選挙公職に近い者が官職を得る仕組みだ…そうなると尚一層、「助言する下の者」が大切になる。そういう者を大事にし、一緒に仕事をしながら自信を持って“使う”のが上の者の役目であり、責任だ…

“猟官制”…或いは社会に活力を与えているかもしれないが、“総入れ替え”のような状況で、ある仕事に必要な経験や自信が損なわれるようでは困る…“カトリーナ”はこういう意味でも、人々に宿題を残したように思う…
■READ MORE■
スポンサーサイト

住民の情報…
明日の日曜日は選挙だ…選挙の際、投票所入場のための葉書が届く…自分で住所氏名を何かに書いて申し込んだ訳でもないのに届いている…これは“住民登録”という制度のお陰だ…

アメリカ…州によって制度は違うようだが、選挙については「私は有権者である!!」と自分で住所や氏名を登録し、それから初めて投票所入場のための券がもらえるようになるという。選挙というものは“権利”なので、「行使するもの」である。従って、自ら登録手続きを行って権利を行使するというのは、原則に適っている…しかし、その手続きをしていない人達が居るので「みなさんは有権者です!!登録してください!!登録の後に○○候補へ是非!!」という選挙運動もあると聞く…

“住民登録”の是非…少し難しいが、これによって災害時など「○○地区はX人登録されている…今、Y人の生存が確認された…X-Y=Z…Z人は残念ながら?」と直ぐに判る…しかし“カトリーナ”の被災地にこうした制度は無い…それで何人亡くなったのか、よく判らない…

何人亡くなったか判らないのも問題だが、災害時に「とにかく優先して救出、その支援が必要」という“災害弱者”の情報…これも大切だ…

関係する話題をメモしておきたい…
■READ MORE■

ヒューストン…
出先で寄ったネットカフェでも、“カトリーナ”を巡る話題が気になるのでチェックする…

昨夜、“支援の輪”に加わろうという人々の善意を嘲笑し、不正な利得を得ようとする卑劣極まりない事態が発生しており、注意が必要であるという、ハッキリ言って不快な話しを取り上げざるを得なかった…ということの反面、是非お伝えしたいお話しを見付けた!!

人口が多いニューオルリンズの被災を受け、直ぐに避難した人々の多くが、隣のテキサス州ヒューストンに移動した…ヒューストンには避難民が多い…

ヒューストンのNBAチームのロケッツ、WNBAのコメッツはトヨタセンターを本拠地としているが、ここでチャリティーゲームが催される旨は既にお伝えした。そのトヨタセンターで、動きが起こった!!

トヨタセンターでは、被災者への健康診断や支援物資の配給などが行われており、ヒューストンのNBA、WNBAの両チームが協力しているのだ!!NBAでも一連の写真をネットで公開している。ヒューストンをリードするトレイシー・マックグレディがミネラルウォータを配り、ジェフ・ヴァンガンディヘッドコーチが提供された自転車をトラックから下ろす…そんな様に驚いた…社会的に注目を集める、ヒューストンを代表するスポーツチームのスターや指揮官が「被災者を迎える街」の先頭に立つ意気を見せている。勿論、こうした顔触れのみならず、公式戦に登場したことのない新人に至るまで、選手たちは各々の役割を果たしているし、ダンスチームの女性メンバーもコートでパフォーマンスをする際のトップを着用し、トヨタセンター周辺で募金を行っている…

英語の記事だが、ヒューストンの公式サイトに、この話しの詳細がある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。