NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

09 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1週間…
“カトリーナ”から1週間…

水害というものは、大きな都市で発生すると非常に厄介だ…何処の国や地域でも変わりはないと思う…大きな都市で災害が発生すれば、避難民が溢れ、膨大な物資や人手も必要で、収容している避難所でも続々と問題が起きる…地域に恵みをもたらし、歴史を造ってきた河の尽きぬ流れが都市に溢れ出せば、「水浸し」を何とか収めるだけでも酷く大変な仕事になることは、土木工事の知識が無い者の眼にさえ明らかだ…

アメリカと言えば…「膨大な人員と物資を、迅速に動かす」という意味においては、「多分、世界一…」という高い能力を持っている国であると思う…そんな国で起こっている様々な出来事は、スポーツの試合に喩えるなら「“絶対の信頼”を得ているような偉大なエース級の選手が大乱調」というところであろうか?或いは、そういう次元ではない、何か根の深い“欠陥めいたもの”でもあるのだろうか?

太平洋の反対側にある日本も、ハリケーンに比肩する台風による風雨で、被害が発生してしまうこともある国だ…国内の何処かの大都市で、ニューオルリンズのような「水浸し」が何時発生してもおかしくはない…“成功の成果”から得るものも大きいが、“失敗の教訓”から得るものも負けず、劣らずに大きい…今回の災害は、後世の研究者達が「失敗の見本」として取り上げる事例になるような気もする…

米国には、災害への対応等にあたるFEMA―“フィーマ”、“連邦緊急事態管理局”―という、「“行政縦割り”の弊害を極力拝し、現場の指揮官がリーダーシップを発揮して働く」という機関があった筈だ…今般の“カトリーナ”のような場面こそ「“力”を誇示する見せ場」な筈だ…その割に「噂が聞こえない?」という気がする…どうも例の“9.11”後、更に大きな組織の一部に組み込まれ、機動性を損なったかに見受けられる…色々と統合すれば良いというものでもないのかもしれない…

ここまでの1週間の情勢をまとめた記事に眼を止めた…何れ情報の洪水に沈んでしまうであろうから、メモをしておきたい…


■READ MORE■
スポンサーサイト

“暫定ホーム”…
NBAは10月にキャンプやプレシーズンゲームがあり、11月から4月までの期間が82試合(ホーム&アウェイ 各41)のレギュラーシーズン、4月下旬から6月が“王座”を目指して強豪が争うプレイオフ(ポストシーズン)である。

ニューオルリンズ…ハリケーン“カトリーナ”による風雨で堤防が決壊し、市内が水浸しになるというような大損害を被っており、チームの本拠地の建物に関して「被害は軽微…」であったにしても、試合開催は非常に困難であると見受けられる…堤防を修復し、水浸しの街路から水を汲み上げるというような復旧作業も、2ヶ月や3ヶ月を要してしまうかもしれない状況である…

このような事態に陥ってしまうと、チームとして、或いはリーグとして「暫定ホーム」ということで、ニューオルリンズの本拠地以外の場所で試合を開催せざるを得ない…

目下の情報である…

ニューオルリンズの避難民の皆さんは、隣りのテキサス州などに多く入っているが、ホーネッツの事務局は、目下テキサス州ヒューストンの“トヨタセンター”(ロケッツの本拠地)内に間借りして業務を続けているらしい。大被害に意気消沈する地域を盛り上げるべく、シーズンの善戦を目指し、関係者は努力をしているのである…ヒューストンの“トヨタセンター”でそのままニューオルリンズが試合を開催するのは、一寸難しいであろうが…

現在、この“暫定ホーム”問題に関して2つのオファーがあるという。

一つはオクラホマシティである…

Oklahoma City's Ford Center

このフォードセンターは、ホッケーのチームアリーナフットボールのチームが利用しているが、所謂“メジャースポーツ”のチームは入っていない…

もう一つはナッシュヴィルである…

Gaylord Entertainment Center

このゲイロード・エンターテイメントセンターは、NHLナッシュヴィル・プレデターズが利用しており、ニューオルリンズが“暫定ホーム”に利用するにしても、使用出来る回数が12回程度になりそうだということである…

何れの会場も、バスケットボールの試合で使用する場合は19,000席程の会場となる…

この案件…情報が入り次第、続報を取り上げたい…


スタート…
米国南部を襲ったハリケーン“カトリーナ”…「米国発の報道映像なのか!?」と我が目を疑いたくなるような惨状が伝えられている…

という状況下、“熱心なNBAファン”を自認する私としては、「ホーネッツは、来る05-06シーズンをどうするのだ!?」と気になって仕方がなかった…

そうしている間に、ハリケーンに起因する水害以外の治安悪化など、気持ちが曇る話題も伝わってきた…「こういう時だからこそ、居合わせた人達が互いに助け合い、どうすることも出来ずとも、せめて励ましあわなければならのいのでは?」という問題意識が持ち上がり、益々憂鬱な気持ちになる…そして思う…「昨シーズンは苦戦していたあのチームが善戦出来れば…」ということをである…

ということで、可能な範囲で集めたニューオルリンズ・ホーネッツを巡る話題や、ハリケーンを巡るニュースで目に止めたものをメモするというようなブログを開設し、“その他大勢”の一人に過ぎない、“一スポーツ観戦好き”の立場で、被災地に温かい目線を注いでみたいと思い立ち、このブログを開設してみた次第である…

多分に衝動的な開設だが…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。