NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


勝率7割で改装中!!
ホーネッツが10試合を消化した…

日付 結果 勝敗
Nov. 1 New Orleans91, Boston87
Nov. 3 New Orleans100, Indiana91
Nov. 5 New Orleans96, Houston90
Nov. 7 New Orleans97, Golden State93
Nov. 9 Golden State121, New Orleans116
Nov. 10 Portland92, New Orleans91
Nov. 12 L.A. Clippers92, New Orleans76
Nov. 14 New Orleans94, Charlotte85
Nov. 15 New Orleans100, Detroit99
Nov. 18 New Orleans99, Minnesota96

チーム史上最高の、“開幕4連勝”の後、ウォリアーズに“5連勝”の野望を挫かれ、ずるずると3連敗…非常に心配になったが、その後に直ぐ持ち直して3連勝している。10試合を7勝3敗とした。絶好調である!!

11月19日時点の地区順位…

TEAM W L PCT GB
San Antonio 8 2 0.8 -
New Orleans 7 3 0.7 1
Houston 6 4 0.6 2
Dallas 5 4 0.556 2.5
Memphis 1 8 0.111 6.5


評価が高いチームが集まっている中で、堂々の2位に居る!!

昨シーズンは、新人離れしていたクリス・ポールと、成長著しかったデイヴィッド・ウェストがなかなか目立ち、ここにオクラホマ大学出身で人気も高く、なかなかに能力が高いデズモンド・メイソンが“若き中核”を形成していた…今季は、この“若き中核”にベテランセンターのチャンドラー、距離のあるシュートが得意なストヤコヴィッチが加わり、「色々な戦い方が出来る!!」チームになった…

昨シーズンの終盤に若い選手をどんどん放出し、ベテランを引っ張ったが、今季の開幕までにそのベテランも入れ替えているホーネッツだが、こういう中で一貫してチームに残った若手のブランドン・バスが今季は成長した感である…ウェストが欠場してしまう試合などでなかなか見せている。昨シーズンは新人のポールが目立ったが、今季の新人である#22セドリック・シモンズ、#12ヒルトン・アームストロング辺りもなかなか良い!!

何処までやってくれるのか…今季のホーネッツはなかなかに手強い…

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


開幕4連勝!!!!
11月7日…オクラホマシティのフォードセンター…ハリケーン<カトリーナ>のお蔭でニューオルリンズのアリーナが使用不能となったホーネッツが“暫定ホーム”ということにして2シーズン目の初めての試合が催された。オクラホマのファンにとっては「初めての地元メジャースポーツのチーム」という型に期せずしてなったホーネッツはなかなかの人気で、昨シーズンのホーネッツにとっては嬉しい誤算であった…そのホーネッツが還って来たとあって、会場は19,164人の動員で“満員御礼”だ…

ホーネッツは絶好調と言って良い状態だ!!!開幕三連勝である!!!1988-89シーズンにシャーロットでホーネッツの歴史が始まって以来、“開幕連勝”という点に関しては三連勝がこれまでで最高である。この好調ホーネッツが迎えた相手は、「12年連続」というプレイオフ落選から免れようと、ドン・ネルソンヘッドコーチを迎えたウォリアーズである…

両チームの先発陣
Golden State:Troy Murphy, Mike Dunleavy, Andris Biedrins, Jason Richardson, Baron Davis
New Orleans:David West, Desmond Mason, Tyson Chandler, Peja Stojakovic, Chris Paul

ウォリアーズを迎えたホーネッツは、「フォードセンター限定」と見受けられる“OKLAHOMA CITY”のロゴが入ったユニフォームで登場した…ホーネッツの先発人は、とりあえずこの試合のオーダーが標準的なものになっているようだ…オフの補強で迎えたチャンドラーとストヤコヴィッチが加わり、昨シーズンの奮戦を支えたポール、ウェスト、メイソンも益々活き活きとしている!!

とりあえずは試合の流れだ…

TEAMS 1 2 3 4 TOTAL
Golden State 17 26 21 29 93
New Orleans 29 23 22 23 97


両チーム 各選手の得点
Golden State: Baron Davis 22, Monta Ellis 17, Anthony Roberson 15, Andris Biedrins 10, Matt Barnes 6, Ike Diogu 6, Troy Murphy 6, Jason Richardson 6, Mike Dunleavy 5
New Orleans: Chris Paul 22, Peja Stojakovic 18, David West 16, Desmond Mason 12, Tyson Chandler 10, Linton Johnson 7, Bobby Jackson 6, Rasual Butler 4, Cedric Simmons 2

両チーム 各選手のリバウンド
Golden State: Ike Diogu 8, Matt Barnes 6, Andris Biedrins 5, Baron Davis 4, Mike Dunleavy 4, Monta Ellis 3, Anthony Roberson 2, Patrick O'Bryant 1, Jason Richardson 1
New Orleans: Tyson Chandler 14, David West 11, Desmond Mason 9, Chris Paul 6, Bobby Jackson 5, Linton Johnson 2, Cedric Simmons 2, Rasual Butler 1, Jannero Pargo 1, Peja Stojakovic 1

序盤はウォリアーズに沈黙を強いた感さえ漂ったが…嘗てホーネッツに在籍していたバロン・デイヴィスが気を吐き、ウォリアーズの若手各選手が果敢な戦い振りを見せた中、彼らは追い付いた!!ホーネッツ各選手が厳しくマークして大人しくさせてしまった感もある、“ダンク王”ジェイソン・リチャードソンが、3点シュートを決めてウォリアーズは逆転に成功した…

しかし!!ここで寄り切られてしまわないのが、ホーネッツの好調たる所以だ!!昨シーズンはサクラメントに居て、開幕戦で「ホーネッツ熱烈歓迎!!」のムードに湧き上がっているところに乗り込み、大敗を喫した想い出を持っているストヤコヴィッチが、機体に応えるシュートを続々と繰り出して点差が広がるのを防ぎ、最期はポールの得点でリードを奪い返し、そのまま逃げ切ったのだ…

この結果…ホーネッツは開幕四連勝!!現在の時点で、四連勝はホーネッツの他はユタだけである…何か凄いことになっている…

ホーネッツを応援するブログを綴っているが…実は私は「馬○…」とまで言われてしまいそうな程のウォリアーズファンだ!!!両者の戦いは、何時も多少複雑な想いで見詰める…“カトリーナ”のダメージから立ち上がろうとする地域を盛り上げて欲しいと、ホーネッツに注目した…当時、ホーネッツは「僅かに18勝…」という散々なシーズンの後でもあった…それが…困難を乗り越えてここまで台頭してきたのだ…ウォリアーズも負けてはいられない…

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


開幕3連勝!!!
NBAシーズンが開幕である!!シーズンオフからの補強で陣容を昨シーズンの初め辺りとは大きく変えたホーネッツの真価が問われる訳だが…大きな進化を遂げたことを証明した!!何と開幕から無傷の3連勝である!!ホーネッツが所属する、強豪が犇くサウスウェスト・ディヴィジョンにあって、3試合で負けが無いのはホーネッツだけだ!!サンアントニオが2勝1敗、ヒューストンとメンフィスは各々1勝2敗、ダラスは2試合の消化だが、2敗で勝ち星が無い…因みに…ウェスタンカンファレンスでは、ユタとLAレイカーズも3連勝のスタートだ…(LAレイカーズは4試合目で敗れたが…)

とりあえず、3試合の状況を記しておく…

11月1日 於 ボストン 動員18,624人

TEAMS 1 2 3 4 Total
New Orl/OKC 26 28 21 16 91
Boston 16 25 24 22 87


11月3日 於 インディアナポリス 動員18,165人

TEAMS 1 2 3 4 Total
New Orl/OKC 26 22 21 31 100
Indiana 20 20 32 19 91


11月5日 於 ニューオルリンズ 動員18,202人

TEAMS 1 2 3 4 Total
Houston 15 27 28 20 90
New Orl/OKC 26 22 23 25 96


3試合目は、ニューオルリンズでの開催!!多数の試合は開催し難いという判断で、今季もオクラホマシティを主な試合開催地とするホーネッツだが、来季の“完全復帰”に向けて多数の観客を集めて、良い内容の試合をしたいところである…見事に、その思惑が当たった!!

ホーネッツは、「昨年の新人」ながら“ベテランの風格”さえ漂い始めているポイントガードのクリス・ポールを起点に攻撃を組み立てているが、今季はタイソン・チャンドラーのような“経験豊富な守備の要”も迎えたことで、攻めが安定感を増したように見える…得点力アップを目指して獲得したぺジャ・ストヤコヴィッチ…最初の2試合では「不発?」という感であったものの、ニューオルリンズの試合では、ホーネッツがやや苦手としていた“アウトサイドの攻撃”で活躍した!!

昨シーズンは終盤で力が及ばなかった感だったが、今季はプレイオフへの進出も!!期待しよう!!

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


もう少しだったのに…
結局、ホーネッツは最後に力が及ばなかった…

38勝44敗…もう一息だった…

Apr. 7 New Orleans 95, Toronto 89
Apr. 8 Dallas 101, New Orleans 77
Apr. 10 Cleveland 103, New Orleans 101
Apr. 12 New Orleans 104, Seattle 99
Apr. 14 Utah 105, New Orleans 104
Apr. 16 Sacramento 96, New Orleans 79
Apr. 17 Phoenix 115, New Orleans 78
Apr. 19 L.A. Lakers 115, New Orleans 95


予想を超えた健闘を見せたホーネッツ…ありがとう!!

きっと次の2006-07シーズンは、更に暴れることであろう!!

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


Control our destiny!!
クリス・ポールが得点、アシスト、リバウンドの3部門が二桁という“トリプルダブル”を成し遂げ、最早“ニュース”ではない感の“月間最優秀新人”の5回目受賞を決めた後、ホーネッツはデトロイトへ飛んだ…

以下のような試合となった…

4月4日 デトロイト

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
New Orl/OKC 23 23 18 29 93
Detroit 26 26 25 24 101


少々の先行を許したが、第3クォータで引き離され、終盤の奮戦が及ばなかったという展開である…

そして…今シーズンは3回の対戦が組まれていて、ホーネッツのホームへは1回しかやって来ないウォリアーズとの対戦である…

とりあえず経過である…

4月5日 オクラホマシティ

TEAM 1 2 3 4 OT TOTAL
Golden State 24 26 32 21 6 109
New Orl/OKC 27 28 27 21 11 114


この試合も鍵だったのは“超新人”のクリス・ポールである…パイロン・スコットヘッドコーチは言う…「“大選手になるさ!”と言い始めてはいたんだよ…しかし、彼は既に“大選手”に近い位置に居ると思うね…未来のスーパースターだ!!疑問を差し挟む余地など無い!!」とである…クリス・ポールは自己最多の16アシストに17得点、さらに11リバウンドよと2回目の“トリプルダブル”を記録したのだ!!

このクリス・ポールは言う…「これは“別”な勝利だと思う。僕達がやったことが勝ちにつながるのなら、それは良いことだよ…」とである…チームメイトのラズエル・バトラーが指摘するまで、ポール自身は個人記録に気が付かなかったというのだ…ホーネッツの面々が夢中で戦い続けていることを示すような挿話である…

ホーネッツはこのところ調子を戻し、この試合を終えた時点で36勝38敗である…ウェスタン・カンファレンスでは、39勝37敗のサクラメントを追う9位である…

「運命を変える…そのために出来ることは勝とうとすることだけなのだ…向こうが勝ち続けるのであれば脱帽する他ないのかもしれない…が、うちが“うちの機会”を護り続けるには、うちも勝ち続けなければならない…」とはバイロン・スコットヘッドコーチである…ホーネッツが“運命を変える”業を成し遂げることが適うのか否か…これは注目しなければなるまい…

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。