NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006‐07シーズン開幕へ!!
2006-07シーズンが始まる!!

ホーネッツの開幕時登録選手である…

NUM PLAYER POS DOB FROM YRS
12 Hilton Armstrong F-C 11/11/1984 Connecticut R
33 Brandon Bass F 04/30/1985 Louisiana State 1
45 Rasual Butler F 05/23/1979 La Salle 4
6 Tyson Chandler F-C 10/02/1982 Dominguez HS (CA) 5
8 Bobby Jackson G 03/13/1973 Minnesota 9
44 Marc Jackson C-F 01/16/1975 Temple 6
43 Linton Johnson III F 06/13/1980 Tulane 3
24 Desmond Mason F-G 10/11/1977 Oklahoma State 6
2 Jannero Pargo G 10/22/1979 Arkansas 4
3 Chris Paul G 05/06/1985 Wake Forest 1
22 Cedric Simmons F 01/03/1986 North Carolina State R
16 Peja Stojakovic F 06/09/1977 Serbia 8
11 Marcus Vinicius F 05/31/1984 Brazil R
30 David West F 08/29/1980 Xavier (Ohio) 3


昨シーズンのトレード期限辺りで動きがあり、更にオフシーズンにも色々と動きがあり、随分と陣容が変わった印象を受ける…

今季から「ホーネッツの…」ということになった移籍選手では、#16のストヤコヴィッチや#6のチャンドラーに注目が集まるであろう…昨シーズンの「未完のチーム」で奮戦していた面々…#3ポール、#30ウェスト、#24メイソン辺りの更なる活躍にも期待したい…

ホーネッツは11月1日にボストン、3日にインディアナと開幕後の2試合は遠征である…11月5日、ニューオルリンズにヒューストンを、7日にオクラホマシティにウォリア-ズを迎えて“ホーム開幕”ということになる…

ホーネッツは、サンアントニオ、ヒューストン、ダラス、メンフィスと強敵が犇くディヴィジョンで戦っている…昨シーズンは最後の方までプレイオフ進出を競り続けたが、及ばなかった…「期するもの…」は熱く燃え盛っていることであろう…

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


This year, it's totally different...
2005_06_Opening_roaster_WP

オクラホマシティは、いよいよ明日となったNBAの開幕に沸いている…フォードセンターで催す35試合の最初の一戦が、いよいよ明日、現地の11月1日なのである!!対戦相手はサクラメント・キングスである…

昨シーズンのホーネッツ18勝64敗…開幕後は2勝29敗という「試合をやれば負け」という状態が続いた…しかしバイロン・スコットヘッドコーチは「今年は…完全に違う…」と巻き返しへの期待と自信を込めて言う…

昨シーズンは惨敗…そんなことはオクラホマシティのファンにとっては“些事”だ…「ここで新たにスタート!!」という応援体制になりつつある…プレシーズンの2試合―1勝1敗…―は平均で14,750人と、なかなかの観客動員も見せた…「一種の“ホームコートアドヴァンテージ”というものを築いてみたいね…」とスコットヘッドコーチは、熱いファンの応援を得て、ホーネッツを躍進させる意欲を見せる…

ホーネッツの15選手…若い選手が目立つ…2002年にチームはシャーロットからニューオルリンズに移っているが、それを経験しているのは、今やNBA13年目の大ベテランであるPJブラウンだけである…“カトリーナ”被災で、チームは今一度の“暫定移転”を強いられてしまった…「新しい街へ来るというのは、一種の“グランドオープン”というような感じだろうか…地元の人はワクワクしている…何か“お祭り”のような雰囲気になり、ファンのみんなは最初の試合ではなかなかにワイルドに応援してくれる…」とブラウンは言う…

ホーネッツの“新しい顔”になろうかという超有望新人クリス・ポールは「この雰囲気がどうなるのか…気になるよ…プレシーズンも凄く盛り上がった…でもみんなは本番のシーズンに向けて“セーヴ”もしていると思った…何だか全然判らないけど…とにかく開幕が待ちきれないよ…」と言う…更にポールは、街で食事に出たりすれば、彼に気付いて歓迎の挨拶をしてくれる場合も多々あることに触れ、「チームはホームを遠く離れた新しい街へやって来た…でも街のみんなは“ホーム以上にホームらしく”僕達を迎えてくれている!!」とオクラホマシティのファンに感謝しながら、シーズンの各試合での善戦を誓っている…

と、とにかくも待ち遠しい開幕である…“会場限定”のTシャツを売ってみたり、ミュージシャンを招いたりと、チーム側も“開幕”を盛り上げようと一生懸命だ…

ホーネッツは開幕へ向けて盛り上がっているが、乗り込んでくるサクラメントは、激しい競り合いが予想されるパシフィック・ディヴィジョンにあって、「何とか抜け出そう!!」と躍起になっている…なかなかに手強い筈だ!!

プレシーズンでは、前半に大差を付けられて敗れる展開も多かったが、それでも若い選手達は最後まで懸命だった…彼らに温かい目線を注ぎ続けたい…

オクラホマシティへの“暫定移転”に際し、「プレイオフ進出の場合はオクラホマシティで開催」というような話題も出た…「昨シーズン18勝の“30位(最下位)争い”のチーム…心配無用?」という感じもした…が、心配しよう!!オクラホマシティの新しい、そしてニューオルリンズの以前からの、更に最近興味を覚えた私のようなファンが居るじゃないか!!

※小さい画をクリックしていただくと、1024*768の壁紙が新しいウィンドウで開きます…

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


過去の戦績…
来るシーズン…ニューオルリンズを多少なりとも盛り上げて欲しいホーネッツ…

過去の戦績を一寸まとめておきたい…1988-89シーズンにシャーロットで起こったチームは、2002-03シーズンにニューオルリンズへ移っている…昨シーズンの成績だが、新チームとして登場した年よりも良くない…

チームづくりに苦しんでいたホーネッツはドラフトでの籤運に恵まれ、ラリー・ジョンソンやアロンゾ・モーニングと言った学生リーグのスターを続々と迎え入れ、1993年に初めてプレイオフ進出を果たしている。

以降、イースタン・カンファレンスのプレイオフ“常連”になったが、シャーロットに新チームのボブキャッツが登場し、30チーム体制になった昨シーズンからはウェスタン・カンファレンスになった…そして苦戦した…

この状態からどう立て直すか…なかなか興味深い…

シーズン 勝率
2004-05 18 64 0.22
2003-04 41 41 0.5
2002-03 47 35 0.573
2001-02 44 38 0.537
2000-01 46 36 0.561
1999-00 49 33 0.597
1998-99 26 24 0.52
1997-98 51 31 0.622
1996-97 54 28 0.659
1995-96 41 41 0.5
1994-95 50 32 0.61
1993-94 41 41 0.5
1992-93 44 38 0.537
1991-92 31 51 0.378
1990-91 26 56 0.317
1989-90 19 63 0.232
1988-89 20 62 0.244



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。