NBAのニューオルリンズ・ホーネッツに温かい眼差しを注いでみたい…


時計



プロフィール

wakkanai097またはHN TASHKENT

Author:wakkanai097またはHN TASHKENT
北海道の北端部で、オホーツク海の流氷を溶かす程に熱くゴールデンステート・ウォリアーズを応援している…が、“カトリーナ”の惨禍を見るにつけ、「NBAのニューオルリンズはどうするんだ!?」と気になって仕方なく、“カトリーナ”関係情報を交えた応援ブログを立ち上げてみた…



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CP3=#10
ホーネッツのクリス・ポールが、FIBA2006で来日中の米国チームの一員として頑張っている。札幌の“きたえーる”でCP3を観た!!正直驚いたのは、「飛行機の座席はどうすれば良いのでしょうか?」と心配になる、コンビニのような日常の場で見掛けると驚いてしまう大男達の中で、CP3は「普通の若者」の体格であったことだ…約180cmらしいが…

私は対スロヴェニア戦で彼を観たが、NBAのサンアントニオに居るウードリッヒや、会場でなかなか評判が良かったラコヴィッチらと対決していた…ドリブル、パス、零れたボールを追う嗅覚…流石である!!そして、何時もは苦しめられているNBA他チームからやって来た仲間達へのパス…現在各試合平均6.8と、“大会アシスト王”でもある…

CP3は#10で登場している。スポーツグッズの店などに“ブライアント”と書かれた、“USA#10”のユニフォームが売っているのを見たが、彼は来日出来なかった…その後#10はアリーナスが背負ったが、彼も怪我で離脱した…そしてCP3がそれを受け継いだわけである…今回活躍すると、彼の米国チームでの番号として定着するかもしれない!!そんなことを思った…

実は、米国チームの面々が試合会場から立ち去るバスへ向かう様を目撃した…何人かの選手は、痛々しいまでに、アイシングの氷が入った袋を脚等に巻いていた…「激しい戦い…」を思わずには居られない…

こういう世界に、「普通の若者」の体格であるCP3のような選手が…何か凄い!!
スポンサーサイト

テーマ:世界バスケ - ジャンル:スポーツ


新しい陣容…
ウィリアムズ、ノリス、ジャクソン、ジョンソン…このところ新しい顔触れも加わったホーネッツ…トレードをしているので、去った顔触れもある訳だが…

新しい登録選手をまとめておく…この顔触れで、この2005-06シーズンの残りを戦い抜くことになる…

No. Player Pos DOB
M/D/Y
Exp College
33 Brandon Bass F 4/30/85 R LSU
42 P.J. Brown FC 10/14/69 12 Louisiana Tech
45 Rasual Butler SF 5/23/79 3 La Salle
5 Speedy Claxton PG 5/8/78 4 Hofstra
44 Marc Jackson FC 1/16/75 5 Temple
43 Linton Johnson SF 6/13/80 2 Tulane
6 Arvydas Macijauskas G 1/19/80 R None
24 Desmond Mason GF 10/11/77 5 Oklahoma State
25 Moochie Norris PG 7/27/73 9 West Florida
3 Chris Paul PG 5/6/85 R Wake Forest
23 J.R. Smith SG 11/9/85 1 None
1 Kirk Snyder SG 6/5/83 1 Nevada
4 Jackson Vroman FC 6/6/81 1 Iowa State
30 David West PF 8/29/80 2 Xavier
34 Aaron Williams FC 10/2/71 12 Xavier

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


#30 David West
先日の対オーランド戦で「34得点の選手」というのを見た時、「ホーネッツにもこういう選手!?」と驚きながらも頼もしく思えた。

デイヴィッド・ウェストは1980年8月29日生まれ、身長206センチメートルで体重は108.9キログラムである。2003-04シーズンにホーネッツでデビューしており、今季で3年目である。スモールフォワードを務めている。

ここまでのシーズンでは、先発は少なかったのだが、今季はここまでに出場した11試合で全て先発している。ハッキリ言うと、個人成績の数字位しかウェストを巡る情報は無い…が、今季の様子を見ていると、「遠からず、その“力”で人気者になって、色々な話しも紹介されるようになる…」と思わせる…

彼の“選手生活中(キャリア)の最高成績”だが、その悉くは2005-06シーズンの記録である。物事は比例のグラフのように、なだらかな“坂道状”に向上するのではなく、なかなか伸びない平板状な時期が続いて、唐突に一段跳ね上がる“階段状”で向上する場合が多いと思う。今季のウェストは、正しくそういう“階段”を一段上がったのであろう。

2005-06シーズンのデイヴィッド・ウェスト…何処までやるのか…彼の成長と共に、ホーネッツも羽ばたくであろうか?要注目である!!

■READ MORE■

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


#5 Speedy Claxton
Claxton_on_NOV09

彼の“Speedy”というファーストネーム…アメリカには多様な“根”を持つ、色々な人種が住んでいる…だから一寸英語を勉強した、我々のような英語を母国語としない者にも「英語!!」と聞こえる名前ばかりではなく、色々な国や地域の言葉から来ている名前がある…だから、どんな名前があっても驚きはしない…しかし、“Speedy”である…「速い、迅速な、即座の」と辞書にはある語…「こういう名前もあるの?」と思っていた…

クラクストンの本当の名前はクレイグ(Craig)という。フルネームはクレイグ・“スピーディー”・クラクストンということになる…“スピーディー”は“通り名”と言うのか、「長く、一定程度に広く使われているニックネーム」ということで、彼はこれを選手としての“登録名”にしたのであろう…家族や親類は彼をクレイグと呼ぶのだろうが、仲間やファンの間ではスピーディーで通る訳だ…

クラクストンは1978年5月8日生まれ(現在27歳)のポイントガードである。身長180cm、体重77.1kg…こういう体格の男性は、日本でも街を歩けば何人も見掛ける…欧米なら女性でも居るかもしれない…NBA選手としてはかなり小柄な部類に入る…

NBA選手としては小柄な彼は、登録名にまでしてしまった「スピーディーさ」が最大の武器だ。すばしっこく大男達の間をドリブルで駆け回り、味方に素早くパスを出したり、隙を見て果敢にシュートに挑む…日本のバスケットボールファンの間で、もっと人気者になっても良さそうなタイプの選手だと思う…

2000-01シーズンにフィラデルフィアに入団したクラクストンだが、プレシーズンの試合でアキレス腱を傷めてしまい、そのシーズンを棒に振る羽目になった…実質的には翌年、2001-02シーズンに登場している。2002-03シーズンにはサンアントニオでプレイし、2003-04、2004-05シーズンはウォリアーズでプレイしていた。2005年2月、バロン・デイヴィスとのトレードでホーネッツに移り、今日に至っている…

今日現在、クラクストンは222試合に出場しているが、先発は94試合だ…フィラデルフィア時代に若干先発出場があるが、先発出場が多かったのは、ウォリアーズ時代の2004-05シーズンである…現在はベンチスタート組である…

今季のクラクストン…未だたったの3試合消化の時点ではあるが、非常に良い!!"Sixth Man of the Year"も夢ではないと、気が早い人達は囁く…

“シックスマン”…「6番目の男」…バスケットボールは5人でやるものなので、やや奇異に聞こえる…NBAでは、先発した主力を途中で休ませることも必要であるし、“流れ”を引き寄せて活性化を図るために力のある控え選手を適宜投入するのも“采配の肝”であるし、激しいスポーツで有力選手といえども欠場の可能性を免れないため、「十分過ぎる力を持つ控え」は欠かせない…そうした様々な事由で「6番目の男」がなかなかに大切であると考えられるNBAでは、「6番目の男」として活躍が顕著だった選手を"Sixth Man of the Year"(年間最優秀控え選手)という型で顕彰しているのだ…

ホーネッツにおけるクラクストン…この意外に大切な「6番目の男」を地で行く活躍を見せ、2勝1敗とホーネッツの好調な滑り出しを支えている…この3試合で、彼は平均25分間コートに立っていて、平均得点は15.7…ホーネッツのベンチ入り12選手ではトップだ!!通算アシストは14で、先発のクリス・ポールに1つ足りないだけ…28本シュートを打って14本という5割のシュート決定率…この中でも3点シュートについては5本中2本と4割…フリースローはチーム最多の19回…その中17本を決め、決定率は8割9分5厘…シーズンは始まったばかりで、たったの「82分の3試合」とは言え、「驚異的な個人成績」である!!

「彼が入ると、“どうも萎れているな…”という場面でみんなを元気にしてくれるんだ…彼のエネルギーは素晴らしい!!彼は得点をしながら、斬り込みを仕掛けてみんなにシュートを打たせることが出来るんだ!!」とバイロン・スコットヘッドコーチは、頼れる「6番目の男」であるクラクストンに眼を細める…

「何か…立ち上がりが悪い時というのは自分でも感じ取ることが出来る…そんな時にスピーディーさんが出場する…確りと僕らの側の“ペース”というものを創ってくれるんだ!!それが凄く好きだ!!僕らは速攻を主体にしたい…スピーディーさんが入ってくれれば、僕らはペースを落としてしまうことなどあり得ない!!」と超有望新人の先発ポイント・ガード、クリス・ポールも大活躍の先輩を頼みにしている…

と期待も膨らむが、クラクストン自身は「ベンチから出場するということは、“目に見えるインパクト”が“直ぐ”に出なければならないものだと思う…でもないと出番は貰えない…だから僕は試合に出た時は、とにかく積極的にやることにしている…」と、なかなか難しい「6番目の男」の役目を語る…そして現在、その言のとおり、積極的なプレーで大活躍だ!!

ホーネッツが好調を維持して善戦を続けるなら…きっと彼も注目される筈だ!!覚えておこう!!

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


#15 Maciej Lampe

ルイジアナへ“帰郷”して開催された10月20日のプレシーズン対サンアントニオ戦…「やりたい放題」を許し、どんどんと点差が開き、最終的には差を詰めて追い付けなかったという試合だった…ホーネッツの各選手は調子が悪く、シュートがリングに嫌われ続けた…

こうした中、約1名「光っている!!」選手が居た!!23得点+12リバウンドと、両部門が二桁の“ダブル・ダブル”で、サンアントニオのダンカンを向こうに回して奮戦していたマチック・ランペイである!!

マチック・ランペイはポーランド人である。が、「ポーランド人初のNBA選手」とではなく「ポーランド生まれの、初のNBA選手」と言われることが多い。複雑と言えば複雑な生い立ちをしている…

マチック・ランペイは1985年2月5日生まれで、現在20歳である。両親はバレーボールのコーチをしている。“スポーツ一家”の血筋だ!!

彼が6歳だった頃、一家はスウェーデンのストックホルムへ移った…スウェーデンで育った訳だ…隣人はユーゴスラビア人の一家だったという…15歳の頃、スペインのプロのバスケットボールチームに入り、2003-04シーズンにNBA入りをした。ニューヨークにドラフト指名を受け、フェニックスでデビューした。2004-05シーズンの途中からホーネッツに移っている。

こうした経歴なので、マチック・ランペイはポーランド語、セルボ・クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、英語と5ヶ国語を操る…こういう人は、なかなか居ない…余談ながら、ポーランド語とセルボ・クロアチア語は“スラブ系”の親戚言語なので、各々を母国語としている人達にとっては、比較的学び易いと言われる。スウェーデン語は、ドイツ語や英語と根を同じくするものであるが、発音やイントネーションが少々独特だ…

マチック・ランペイは2メートル11センチ、124.7キログラムの体格で、ポジションはパワーフォワードである。ここまでのNBAでの2シーズン、58試合に登場し、平均出場時間は10.4分、平均3.6得点+2.3リバウンドである。

「58試合に登場し、平均3.6得点+2.3リバウンド」という選手が、プレシーズンとは言え「23得点+12リバウンドの“ダブル・ダブル”」である!!これは期待しても良いのではないだろうか?何かが巧くなったり、成績が向上というのは、概して“比例のグラフ”のように順次向上するものではない…ある時、壁が破れて階段のように「ぐーん!!」と上がるものだ…ランペイはこういう局面に突入したのだろうか?

ホーネッツは、2年目のJRスミスと、超有望新人のクリス・ポールというガードコンビが攻撃の起点になる構想であるようだが、ここにこの「国際派パワーフォワード」のランペイが絡まる…何か面白そうだ!!プレシーズンでも先発で登場している!!

ホーネッツは若いチームだ…若いチームと言えば…昨シーズンは1年目、2年目という若い選手を軸にしたシカゴ・ブルズが、開幕直後の不振をシーズン中盤から脱し、「ポストジョーダンの大不振」を抜け出してプレイオフに進んだということもあった!!ホーネッツにも可能性が無い訳ではない!!

ということで、このランペイにも要注目だ!!

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。